• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「林原家」に何が起きていたのか

林原健元社長が同族経営を総括する(上)

2014年5月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

突然の経営破綻から3年。沈黙の時を経て、林原健元社長が『林原家~同族経営への警鐘』を上梓した。日本経済新聞の「私の履歴書」にも登場した同族企業の雄は、なぜ倒産しなければならなかったのか。元カリスマ経営者が、経営破綻を招いた同族経営の死角を語る。(聞き手は北方雅人)

林原は20年以上にわたって粉飾決算を続けていましたが、林原さんはその事実を知らなかったそうですね。そもそも会社の経営状態をどの程度把握していたのですか。

林原:経理は、弟で専務だった林原靖が担当していました。後から知ったのですが、弟は社員に対して「儲からない」とよく口にしていたらしい。例えば毎月、部課長クラスを集めて「全社連絡会」という名のミーティングを開いていました。そこでの弟の話は「儲からない」「利益が出ない」「経営者になったつもりで頑張ってくれないか」という言葉が決まり文句で、社員によれば「儲かった」という話は一度も出たことがないという。

林原健(はやしばら・けん)
1942年(昭和17年)岡山市生まれ。61年、慶應大学在学中に父の死去に伴い、林原の4代目社長に就任。林原を研究開発型の世界的な食品素材、医薬品素材メーカーに育て上げる。2011年、会社更生法の適用を申請し、辞任(写真:菊池一郎)

 けれど一方で、社長の私は研究費をいくらでも使えと指示するし、新しいメセナ事業は始めるわけで、社員は困惑していたはずです。「専務は儲からないと言うけれど、土地の含み資産があるから結局のところお金はあるんだろう」と納得していたのかもしれない。

 それは私自身も同じでした。バブルが崩壊してから「資金繰りが楽ではない」ということは弟から何度か聞いた覚えがあります。しかしトレハロースをはじめ、市場で圧倒的なシェアを持つ商品はいくつもある。地価が下がったとはいえ、父の代からの膨大な不動産があり、資産価値は1000億円は下らないだろう。それに弟は、私が頼めば研究費をすぐに出してくれた。以前に比べて楽ではないかもしれないが、資金は回っており、借り入れ分の資産の裏付けもある。私はそう信じて疑わなかった。

財務のことはほとんど社内で話題にならない

林原の社内では、会社の財務状況を共有する場はなかったのですか。

林原:林原では年末に、グループ全社を集めた経営方針会議を開催していました。グループ各社の役員幹部が集まり、2、3日かけて1年の業務報告と翌年の目標、戦略を発表する。実務全般を弟に任せていた私は、この会議に出席していませんでした。出席していた役員の話によると、この経営方針会議の前に林原本社の役員だけが集められ、経理担当役員から決算内容の説明を受けるようになったそうです。

 「林原の売り上げは〇〇億円で、昨年度より〇億円増えました」

 「トレハロース事業は〇億円の利益が出ました」

 大体、このような感じだったらしい。報告といってもこの程度で、PL(損益計算書)やBS(貸借対照表)の資料を配るようなことはない。誰かが借入額を質問しても「あまり儲かっていないけれど、大丈夫ですよ。心配要りません」と詳しく答えなかったという。

コメント5件コメント/レビュー

投稿された「コメント」を読みましたが「まさにその通り!」であり、面白かった。一時期「日経」でカレの経営哲学の様な記事を読み、一時はそれを切り抜いて手帳に貼付けていた若かりし頃もあったが、今となりこのコラムを読んだだけでそれがいかに詭弁であり、まだ充分な気がしました。この人に「恥」と云う言葉はないのでしょうか?たんなるボンボンですね。こんな無能な経営者の下で働いた社員が誠に可哀想です。(2014/05/26)

「同族経営の死角」のバックナンバー

一覧

「「林原家」に何が起きていたのか」の著者

北方 雅人

北方 雅人(ほっぽう・まさと)

日経トップリーダー編集長

1991年一橋大学社会学部卒業後、日経BP社に入社。日経ベンチャー(現日経トップリーダー)、日経レストランなど経営誌の編集部を経て、2010年より日経トップリーダー副編集長。17年1月より現職。中小企業経営のスペシャリスト。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

投稿された「コメント」を読みましたが「まさにその通り!」であり、面白かった。一時期「日経」でカレの経営哲学の様な記事を読み、一時はそれを切り抜いて手帳に貼付けていた若かりし頃もあったが、今となりこのコラムを読んだだけでそれがいかに詭弁であり、まだ充分な気がしました。この人に「恥」と云う言葉はないのでしょうか?たんなるボンボンですね。こんな無能な経営者の下で働いた社員が誠に可哀想です。(2014/05/26)

これを読んだ9割以上の人がなんて愚かな経営者なんだろうかと思ったのではないでしょうか。(2014/05/19)

「反面教師」という意味で読むのがよいと思われます。しかし,社長が財務諸表を読んでいなかったというのは致命的だったと思われます。これで資金を「打ち出の小槌」のように要求されてはたまりません。研究・開発型の社長と呼ばれる人物でも,会社の資金のことはきちんと把握していたか,あるいは「金庫番」が頑としてださなかったりしていたかでした。その点では,林原はかつての大王製紙と同じく,破綻すべくして破綻したのかもしれません。(2014/05/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長