• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

古典を読まない経営者は世界に通用しません

人にとって「幸せ」とは何か? 出口治明編

2014年6月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:大槻純一、以下同)

 リレーコラム「60歳と30歳でつくる」も、筆者のパートはいよいよ最終回です。

 最後は、人にとって「幸せ」とは何だろうか、という大きなテーマについて考えてみましょう。

 結論から先に申し上げましょう。

 人間という生き物にとっての幸せは、「考える」ということによってもたらされます。「考える」ことは大脳皮質が発達した人間のみに与えられた能力です。あらゆることについて疑問を持ち、考える。社会常識を疑うところから科学は始まるのです。

 人間が進化できたのは、常に「考える」ことを怠らなかったからです。人間の現世の幸せの多くは、人間自身が「考える」ことによってもたらされたのです。

 ただし「考える」ことを楽しめるようになるには、「教育」が必要となります。「考える」楽しさを、教わっているかどうか。その後の人生における「幸せ」と大きくかかわってくる話です。

 そこで教育です。

 人間にとって教育は不可欠です。
 人間社会は、動物とは異なり、本能だけで動いているわけではないのです。数百年数千年のあいだに積み重ねられた知的体系を次の世代に渡してきたことで、つまり親の世代から子の世代へ教育を施し続けたことで、今の人間社会は存在しています。その流れは今後も変わりません。

 教育は、若いひとたちに「生きていくための武器」を授けます。その武器は、2つあります。

教育で授ける「知恵」と「考える力」

 1つは、人の世で生きていくための「知恵」や「知識」です。仕事のやり方だったり、選挙の仕組みだったり、お金の仕組みだったり、社会保障の利用の仕方だったり、という具合に、人間社会で生きていくには、様々な実用的な知恵や知識が欠かせません。

 たとえば、選挙に参加することは、民主主義社会ではとても大切な実用的な知恵のひとつです。ところが、案外この知恵をきちんと教わっていない人が多いように見受けられます。

 選挙になると、投票したい候補者がいないから棄権するとか、せいぜい白票を投じるとか言う人がいます。読者の皆さんにもいらっしゃるかもしれません。でも、選挙を棄権する人や白票を投じる人は、選挙に参加する大切さと民主主義の仕組みの関係とが分かっていないのではないでしょうか。

 近代国家の選挙は、投票日前に予測が出ます。

 誰が当選しそうか、というのもかなり正確に出ます。

 その予測を見たとき、もしあなたが当選しそうな有力候補を支持しているのであれば、3つの方法があります。その人に投票するか、棄権するか、白票を投じるかです。それでおしまいです。でも、仮にあなたがその有力候補に当選して欲しくないな、と思ったときは、どうしますか?

 実はこういうケースで多いのが、先ほど例に挙げた「選挙に行かない」「選挙で白票を投じる」、という場合です。

 でも、これは、先ほど説明したように、「有力候補に反対しているようでいて、実は票を与えているのと同じ」行動となるのです。あなたが、その有力候補に本当に当選してほしくないのであれば、それ以外の候補の誰かにあなたの1票を投じるしかほかに方法はありません。

コメント16件コメント/レビュー

私は、11年前、上司の指導がきっかけで意識喪失して倒れ1月入院して、後遺症がのこっている状態です。会社には報告したが、実質有耶無耶にされた。私は、11年以上、会社と戦っていて自分が薩摩とかぶりました。怪我した上司と、人事が徳川。社長は、事実を知らないので、漸く11年目にして勇気を出して会いに行った。8万人の社員の社長はあってくれた。しかし、人事へまわされて3か月が経過して、現在に至ります。闇から抜け出そうともがいている。毎日ヨガをしているから、なんとか保てている。ヨガの経典も古典ですね。自分にとって、幸せに、優位に生きる術を教えてくれる。喧嘩をせず、調和は大切なことはわかる。しかし、毒を飲まされたままでは死ねないので戦う。パワハラや権力で苦しんでいる人がいるなら、負けないように。(2016/08/17 14:46)

オススメ情報

「60歳と30歳で会社をつくる」のバックナンバー

一覧

「古典を読まない経営者は世界に通用しません」の著者

出口 治明

出口 治明(でぐち・はるあき)

ライフネット生命保険会長兼CEO

1948年生まれ。京都大学を卒業後、日本生命保険に入社。同社を退職後、2006年にネットライフ企画設立、代表取締役就任。2008年にライフネット生命保険に社名変更。2013年6月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は、11年前、上司の指導がきっかけで意識喪失して倒れ1月入院して、後遺症がのこっている状態です。会社には報告したが、実質有耶無耶にされた。私は、11年以上、会社と戦っていて自分が薩摩とかぶりました。怪我した上司と、人事が徳川。社長は、事実を知らないので、漸く11年目にして勇気を出して会いに行った。8万人の社員の社長はあってくれた。しかし、人事へまわされて3か月が経過して、現在に至ります。闇から抜け出そうともがいている。毎日ヨガをしているから、なんとか保てている。ヨガの経典も古典ですね。自分にとって、幸せに、優位に生きる術を教えてくれる。喧嘩をせず、調和は大切なことはわかる。しかし、毒を飲まされたままでは死ねないので戦う。パワハラや権力で苦しんでいる人がいるなら、負けないように。(2016/08/17 14:46)

大学の教員です。まさにこの記事にあるような「知識」の伝達のみではなく、学生自身が「考える」ことを身に着けられるような教育を重視して授業を行っています。本来、大学における教育は、高校までの知識を受動的に身に着ける教育から、自分自身で能動的に考える教育への転換が主なのですが、その点が従来、あまり理解も重視もされてこなかったのでしょう。大学の教員が研究者としてしていることは、知識をもとに自分なりに問題設定をして、その答えを、根拠に基づいて導きだすこと。そのプロセスを学生自身に学んでもらうことが、大学における教育の本道だと私は考えています。残念ながら、そうした大学教育の意義は、政策面でもあまり認識されていないようですが。(2015/06/10)

考えることを教育機関で教えないのは当然です。教育機関を設定するのが役人だからです。かれらにとって都合の良いのは自分(役所)のいうことをハイハイと従う者です。考えられて誤りを指摘されると困るのです。だから考えなくてよい風潮を作り出すのです。WEBで税務署のページをみればよくわかります。納税額の算出は簡単でも計算式や根拠は懸命に探さないと出てこない。金額だけ表示してハイハイと従うように誘導しているのです。控除額も同じ理由で表示されにくい。税額は○○%を掛けてそこから××円を「除外した」とあたかもマケてもらうように表現される。思わずラッキーだ!と思わせそれ以上考えないように誘導しているのです。(2014/06/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

物事の考え方やビジネスモデルが過去の延長では立ち行かなくなってきている。

渡辺 秀一 メディパルホールディングス社長