• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スマホを捨てたら、2つの幸せ、手に入れた

サラリーマンにとって幸せとは何か 岩瀬大輔編

2014年6月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

岩瀬大輔・ライフネット生命保険社長兼COO(最高執行責任者)
(写真:大槻純一)

 皆さん、スマートフォンは持っていらっしゃいますか?

 おそらく、多くの方が「Yes」とおっしゃるでしょう。

 言うまでもなく、スマホはもはやビジネスパーソンの必携アイテムとなっています。

 電話機能以上に、一番コンパクトなパソコンとしてインターネットツールとして、カメラとして、メディア再生装置として、スマホは現代社会における最重要マシン、といっても過言ではないかもしれません。

 生命保険もスマホで入れる時代です。

 当社でも、スマホ向けの使い勝手とサービスを、日夜研究しています。

 もちろん僕もばりばり使っていました。

 使っていました、と過去形にしたのは、そう、いま、僕はそんな必携アイテムであるところのスマホを、(プライベートでは!)使っていないのです。 

 なぜか。

 それは、あえて「つながらない」ことが、幸せだ、と思ったからです。

「つながらない」幸せ

 スマホを持っていると、常に誰かと「つながっている」ことを否が応でも認識させられます。メールが届く、SNS(交流サイト)からメッセージが届く、電話がかかってくる。

 世界のどこにいようとも、こんな状態である限り、僕たちはもはや「孤独」ではありません。一人ではありません。

 かつて、孤独とはネガティブなイメージを持つものでした。

 でも、みんながスマホを持つようになったら今、孤独は、一人でいることは、この上もなく稀少になりました。

 とあるウェブの記事で、「スマホを手放そう、SNSをやめてしまおう、人生が豊かになる」という記事を見かけました。

 分かる。その通りかもしれない。

 もちろん、スマホなしで生きていくのは難しい。でも、スマホで情報に急かされる状態は「幸せではないのでは」と。

 どうしようか?

 そんなとき、夏野剛さんとお話しする機会がありました。

 夏野さんは、ドワンゴの取締役であり、慶応義塾大学SFCの客員教授であり、かつてNTTドコモでiモードを開発したことで知られています。いわば、日本におけるケータイのインターネット利用の開拓者です。

コメント5

「60歳と30歳で会社をつくる」のバックナンバー

一覧

「スマホを捨てたら、2つの幸せ、手に入れた」の著者

岩瀬 大輔

岩瀬 大輔(いわせ・だいすけ)

ライフネット生命保険社長兼COO

1976年埼玉県生まれ。98年に東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て、2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げる。2013年6月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員