• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「すき家」、閉店が目立つのは店舗数が多いから

ゼンショーホールディングス、小川社長が語る人手不足の現状と対応策

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

2014年5月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人手不足や店舗のリニューアル工事が原因で、5月中旬時点で184店舗が一時閉店する牛丼大手の「すき家」。運営するゼンショーホールディングスのトップである小川賢太郎社長はどのような対応策を考えているのか。

 例年、3月末には学生アルバイトが退職するため店舗のスタッフが減るが、今年は景気浮揚の影響もあり、それを補う採用がうまくいかなかった。一部店舗においては人手不足が原因で閉店を余儀なくされ、せっかく「すき家」の牛丼が食べたいとご足労いただいたお客様には、ご迷惑をおかけして大変申し訳なく思っている。

 また、採用が思うようにいかずに一部のアルバイト諸君、クルーのみなさんの負担も増えた。こうした状況は急速に回復しつつあるが、3月末から4月にかけて、そういう店舗が発生したということについては、対策が必要であるという認識を持っている。

 現状をお話すると、人手不足で閉店しているのは28店、リニューアルを目的とした閉店なども合わせると、5月14日現在、184店が閉店中だ。(人員不足の影響はすき家だけ大きいように見えると指摘されるが)すき家は全国に約2000店舗あるので、目立つということはあるだろう。100店のチェーンであれば、同じ割合で閉店していても、9店舗にしかならない。まあ、数から言っても、よく分からないだろうし、メディアにも注視されない。

決算発表で人手不足問題への対応策を語った「すき家」を運営するゼンショーホールディングスの小川賢太郎社長

 閉店は、2014年3月期に売上高で5億4000万円、営業利益で2億2000万円の業績押し下げ要因となった。2015年3月期については、売上高で24億5000万円、営業利益で8億7000万円、それぞれ押し下げると見込んでいる。人件費については、2014年3月期に(1人当たりの)単価が1%上がっており、今期も同じくらいの上昇を見込む。

 ただ、現時点では、(リニューアル工事が進み、)6月末の閉鎖店舗数は30店舗にまで減ると予想している。4月の第1週に入ってからは採用状況が急速に好転しており、アルバイト、パートタイマーの採用は順調になっている。

コメント0

「さらば 使い捨て経営」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手