• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

通訳は入れない、紙を読んでもいいから全員英語で説明を

資生堂 「部下には『能動的に前へ出ろ』と伝えています」

2014年6月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

亀山 満・資生堂 情報企画部長 兼 資生堂情報ネットワーク 代表取締役社長(中央)と日高信彦・ガートナー ジャパン 代表取締役社長(左、写真:的野 弘路、以下同)

 グローバルビジネスを展開する日本企業は各国の事業部門はもちろん、IT(情報技術)部門においても横の連携を図らなければならない。

 資生堂はこの4月、ヨーロッパとアメリカのIT部門の幹部を日本に呼び、ITリーダークラスが一堂に会する会議を初めて開催した。

 亀山満情報企画部長兼資生堂情報ネットワーク社長は日本の部員に対し、「通訳は入れない。とにかく全員英語で。紙を読んでもいいから自分で説明しろ」と指示した。日本の部員はなんとか英語の会議を乗り切ったという。

 グローバル化と並行してIT部門には、事業部門の会議に加わり、IT利用について発言することが期待されている。前に出るIT部門の在り方について、亀山氏とITリサーチ大手、ガートナー ジャパンの日高信彦社長が語り合った。

(構成は谷島宣之=日経BPビジョナリー経営研究所研究員、中村建助=ITpro編集長)

日高:お客様の体験をより豊かにするためにIT(情報技術)をどう使うか、この点についてまず伺いました(前編参照)。それから日産自動車から資生堂に移ってこられた亀山さんのキャリアに関してお尋ねしました(中編参照)。そのキャリアを生かす仕事として、資生堂のグローバル展開の支援があると思いますが、現状はいかがですか。

亀山:今年のキーワードの1つはグローバルサポートです。世界89カ国で製品を販売していますから、まさしくグローバル企業です。2013年度実績を見ると、海外の売り上げは資生堂全体の売り上げの50.5%になっています。

日高:資生堂のブランドはしっかりしていますからね。

IT部門のグローバルな連携が始まる

亀山:ただし、オペレーションを見ると、まだまだ日本中心だったり、海外については各地の会社ごとに分かれていたりするので、全体をうまくつなぐ必要があります。それが情報企画部の役割の一つと考えています。

 今、ヨーロッパ、それからアメリカで、情報システムやネットワークを統合していこうという動きになりつつあります。海外の情報システム部門は私にレポートしているわけではありませんが、コミュニケーションはとれるようになっています。

 資生堂に入ってからの2年間、ヨーロッパに行って、アメリカにもこの間初めて行き、中国とベトナムにも行ってきました。例えば1週間出張するとなると、情報システム担当者はもちろんのこと、工場、販売会社、関係する会社をできるだけ回っています。1回の出張で何十人かに会いました。

 海外の様子が分かってくると、ITのテーマが見えてきます。例えばネットワークについて、もう少し検討すれば、各国のつながりをもっと良くできて、しかも安くなるはずだとか。電子メールのようなコミュニケーションのシステムがばらばらなので一緒にしようとか、あるいは日本でやっているITのコスト管理の仕組みは参考になるとか、こういう話ができるようになってきています。

 この4月にボーテ・プレステージ・インターナショナル(以下BPI)という、ヨーロッパの会社のIT部長が来日してくれて、初めてグローバルITミーティングを開きました。

日高:BPIは買収した会社ですか。

コメント0

「革新的経営問答」のバックナンバー

一覧

「通訳は入れない、紙を読んでもいいから全員英語で説明を」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BPビジョナリー経営研究所

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者、2009年1月から編集長。2013年から現職。プロジェクトマネジメント学会員、ドラッカー学会員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

中村 建助

中村 建助(なかむら・けんすけ)

ITpro編集長

日経デザイン、日経ストアデザイン、日経コンピュータ、日経ソリューションビジネス編集長、日経エコロジー編集長、日経ビジネス副編集長などを経て、2012年よりITpro編集長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長