• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最新センサー技術が教えてくれる“働きやすい職場”

グーグル、フェイスブックも始めたピープル・アナリティクスとは

2014年6月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 オフィスのレイアウト、席順などで、職場の快適さ、仕事のしやすさが大きく変わることは、多くの人が実感したことがあるはずだ。コーヒーサーバー近く(古くならタバコ部屋)で交わされる会話から新しいアイデアが生まれた、という人もいるだろう。だが、こういった“職場環境”は重要だとわかっていても、これまでは効果を測定する手立てがなかった。できることは、面談をしたり、アンケートを取ることくらいだ。

 米ソシオメトリック・ソリューションズのベン・ウェイバー社長兼CEOは、「近い将来、ピープル・アナリティクスという手法で社員の行動を解析することによって、最適な働き方、オフィスレイアウトが見つけられるようになる。その基となるデータは最新のセンサー技術から得られるビッグデータだ」という。

 ウェイバー氏は、MITメディアラボで博士号を取得した後、センサー技術を使って組織の働き方を分析する経営コンサルティングサービス会社である同社を立ち上げた。

 同氏は、今年5月に『職場の人間科学 ビックデータで考える「理想の働き方」』(早川書房)を出版した。今回は、日本語訳の出版に合わせて来日した同氏に、最新のピープル・アナリティクスについて話を聞いた。

(聞き手は小野口哲)

“データ”から見えてくる最適な職場や働き方

そもそもですが、ピープル・アナリティクスとはどういったものですか。

ウェイバー:クリエイティブな人材などを生み出す職場のあり方や、生産的で満足度の高い働き方を“データ”を使って明らかにしようというものです。

 これまで人間は“観察”することで、他の人とどう接すればいいかや生産性や満足度をどう上げればいいかを推測していました。ところが、今、職場での社員の行動に関して得られるデータは急増しています。メールの記録やウェブの閲覧記録などももちろんですが、最近はカード型やウエアラブル型のセンサー技術が急速に進化しています。最新のセンサー技術なら、誰と誰とがフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションをとったかや、話し方、動き、位置に関する情報も得られるのです。

 これらを“ビッグデータ”として解析することによって、ピープル・アナリティクスは革命を迎えようとしています。

 コーヒー休憩のタイミングを変えるだけで、職場の生産性が変わる――。オフィスのレイアウトを変えた方が効率的に仕事ができるのでは――。こういったことは、なんとなくそうだろうと思う人もいたかもしれませんが、これまでは効果を測定する手立てはありませんでした。

 しかし、人の行動について得られたデータを解析することで、会社における休憩のタイミングや、ランチテーブルの形態など、ちょっとしたことを変えるだけで、より満足度が高く、生産性が高いオフィス生活を送れるようになるといった提案ができるのです。

コメント1

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「最新センサー技術が教えてくれる“働きやすい職場”」の著者

小野口 哲

小野口 哲(おのぐち・あきら)

日経ビジネスアソシエ副編集長

日経バイト、日経モバイル、日経パソコン、日経コンピュータ、日経PC21、日経ビジネスなど日経BP社の雑誌を渡り歩き、2015年4月から現職。趣味・生きがいは“食べること”。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長