• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米陸軍初の日本人教官が伝授、スーパーエリートの育て方

米陸軍士官学校にみるリーダー教育と日米の未来

2014年6月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国の「ウエストポイント」をご存じだろうか。米国の国防の中枢を担うリーダーを育成する米陸軍士官学校の通称で、米フォーブス誌の2013年全米大学ランキングでは名門ハーバード大学などを抑えて7位に選ばれた超エリート校だ。

 ここで世界の覇権を握る米国のエリートはいかに育てられ、同盟国である日本をどう見ているのか、通常はなかなかうかがい知ることができない。2年前に米陸軍における日本人初の教官としてウエストポイントに赴任した兵庫剛氏に、日本では決して分からない米国の知られざるリーダー教育の実態と彼らの日本観を語ってもらった。

(聞き手は日本経済新聞 小栗太)

東アジア情勢が混迷するなかで、日本は米国を重要なパートナーと考えています。米国防の中枢を担う人材を育てる学校の教官としてどう感じますか。

日本のことをほとんど知らない米国エリート

兵庫剛(ひょうご・つよし)
1996年防衛大学校卒、陸上自衛隊入隊。2002年筑波大学大学院(地域研究)修了後、05年にイラク復興支援に従事。12年から米陸軍士官学校に日本人初の教官として2年間赴任。現在は2等陸佐。1972年生まれ、香川県出身。

兵庫:まず赴任して驚いたのは、学生たちが日本についてほとんど知らないことです。ウエストポイントには日本語をはじめ、日本関連の講座がほとんどありません。「日本」と名が付くのは1つだけで「日本と韓国の政治」という選択科目ですが、受講者はわずか7人で、半数はアジア系米国人です。昨年は希望者が少なく、開講されませんでした。国防の中枢を担う人材を育てる学校に日本を知るための土壌がないのです。

 「まさか」と思うかもしれませんが、一般的な米国人が高等教育を通じ、自然と日本に興味や関心を持つようになる環境はあまりありません。

 日本にとって米国は大切なパートナーです。しかし「日本」に接したことがない、ごく普通の米国人から見るとどうでしょう。私が陸上自衛隊から教官として派遣されたのも、こうした状況に一石を投じたいという問題意識が陸自にあったからではないかと思います。

どんな教育が行われているのですか。

リーダーは自然には育たない

兵庫:ここでは米国の将来を担うエリートを育てるためのリーダー教育が行われています。陸軍士官学校の目標は「Leader of Character」を育てることです。「Character」とは「事の善悪を正しく判断できる磨かれた人格」といった意味です。正しく判断できるリーダーを育てることが教官の使命になります。

コメント17

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック