• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第3回 アフリカの「緑の革命」に本当に必要なもの

File3 アフリカの稲作指導 坪井達史

2014年7月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 2050年、ネリカが不足するアフリカの食料を補う穀物となるためには、坪井さんは生産性を上げる必要があると語る。そして、それを実現するにはいくつかの課題があるという。

「第一に機械化です。生産性を制限してしまう要因のひとつは労働力ですが、アフリカの農業はほとんどが人力によるもの。ネリカにしても、赴任当初は脱穀機もないから収穫した稲穂を叩いて籾を落としていたんです。でも終わった穂を見ると、籾がたくさん残っている。これではいくら穂の籾数が多くても意味がありません」

棒による叩きつけ脱穀。これだと籾がたくさん残ってしまう。(画像提供:坪井達史)

 そこで坪井さんは、首都・カンパラにある町工場のメカニシャンに、足踏みタイプとエンジン付きタイプの脱穀機の製造を研修したうえで、10台ずつ購入。農村に置くようにした。さらに、ネリカの種を求めてきた他の援助団体にも脱穀機の購入を勧め、普及に努めたという。「その町工場は製造依頼が増えて、すごく大きくなりました」と坪井さんは笑う。

機械化をいかに進めるか

 また、陸稲が新たに栽培された村には精米所がなく、人びとは収穫後に重さが100キロ程度ある籾袋を自転車に乗せ、精米所がある町までその自転車を押して歩かなければならなかった。そこで、トラックに精米機を載せて村々をまわる「移動精米所」をつくった。今後は耕耘機を導入していきたいという。

人びとは自転車で重さ100キロもある米袋を運んでいた(左)。トラックに精米機を載せた「移動精米所」(右)。(画像提供:坪井達史)

「1992年に初めてアフリカにきたとき、まったく耕耘機を見かけませんでした。みんな鍬で畑を耕しているんです。日本では私が小学生の頃に耕耘機が登場し、10年も経たないうちにほとんどの農家に普及しました。それから20年以上が過ぎ、耕耘機が世の中に存在しているにもかかわらず、アフリカにはなかった。さらに22年が経ちましたが、いまだ状況は変わっていません」

まだ人力で畑を耕しているところがほとんどだ。(画像提供:坪井達史)

『ナショナル ジオグラフィック日本版』本誌2014年6月号では2050年、90億人時代に向けた特集「沸騰するアフリカの農業開発」を掲載しています。Webでの紹介記事はこちら。フォトギャラリーはこちらです。ぜひあわせてご覧ください。

コメント5

「インタビュー 日本の食の未来」のバックナンバー

一覧

「第3回 アフリカの「緑の革命」に本当に必要なもの」の著者

中川 明紀

中川 明紀(なかがわ・あき)

ライター

講談社で書籍、隔月誌、週刊誌の編集に携わったのち、2013年よりライターとして活動をスタート。インタビュー記事を中心に、雑誌や電子出版物で活躍している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長