• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「日本企業の経営って、海外ではもう見向きもされない?!」

一橋大学の一條和生教授と藤川佳則准教授に語り合ってもらいました

2014年7月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 欧米企業の巻き返しと新興国からの企業の台頭によって、日本の競争力が低下し、海外からの関心も希薄になっていると言われて久しい。日本企業の経営はもう見向きもされなくなってしまったのだろうか。

 グローバル企業の経営に詳しい一橋大学大学院国際企業戦略研究科の一條和生教授(研究科長)と藤川佳則准教授に議論してもらった。

(聞き手は、中野目 純一)

1980年代には米国に輸出攻勢をかけていた日本企業に対する「ジャパンバッシング」が盛んでしたが、今ではその言葉をもじって、「ジャパンパッシング」や「ジャパンナッシング」などと言われています。国際競争力が低下して、日本企業に対する海外の関心もだいぶ希薄になっているようです。

一條:そうした面もあるかもしれませんが、日本企業の経営に対する関心はそれほど低下してはいないと私は思います。例えば、我々の大学院は海外のビジネススクールとの戦略提携ネットワーク「GNAM(Global Network for Advanced Management)」に参加しているのですが、今年3月にはGNAMに入っているほかの10校から計42人の学生が日本を訪れ、我が校が用意したプログラムを受講しました。彼らが参加したのは、日本や日本企業に強い関心を抱いていたからにほかなりません。

 参加した海外の学生たちが異口同音に言っていたのは、まず日本、とりわけ東京という都市の魅力です。本当に様々な最先端のイノベーションが東京で起きていることを、企業のほか、秋葉原や渋谷、原宿など様々なスポットを訪れて目の当たりにし、感嘆していました。東京は世界で最もエキサイティングでありながら最も安全で、そして最も民主的で、本当に多面的な魅力を持った都市だという印象を深めたようです。革新性と古いものが同居している点に、東京や日本の魅力があるとも指摘していました。

異質のものが共存しているホンダの面白さ

一條:また欧米で彼らが考えているものとは全く違う考え方の企業が存在していることに触発されたようです。例えば、プログラムの一環としてホンダを訪問したのですが、もともとオートバイのメーカーとしてスタートした同社がモビリティー(移動)の楽しみと喜びを追求する中で常に進化してきている点に感心していました。

 ホンダで新興国市場の攻略を担う「フィット」。この車がどのように開発され、進化してきたかという話を聞いた上で、今度はロボットの「ASIMO」の開発プロジェクトについて聞く。上場企業でありながら、そうした異質のものが1つの会社の中に共存している点に面白さを感じていました。

 さらに、少子高齢化が進む日本が課題先進国であり、高齢化問題や環境問題など、世界のほかの国々も直面している問題に実験的にどんどん取り組んでいる点にも注目していましたね。ASIMOが開発された背景にはモビリティーの楽しさの追求もありますが、高齢化者のケアも視野に入れている。日本は世界の実験地であるという認識を学生たちも新たにしたようでした。

藤川:新興国の市場で生まれたイノベーションを先進国にも展開する「リバースイノベーション」という言葉が普及しつつあることにも表れていますが、イノベーションを生み出す場が先進国から新興国にも広がっています。

 そうした中、問われるのは「では、日本という市場で何をすべきか」です。イノベーションの生まれる場所がすべて新興国にシフトしたわけではなく、世界中にいろいろな開発拠点を置くことが求められるようになっている。その中で、日本でやるべきことは何で、逆にやるべきじゃないことは何なのかということを考えなければならない。それは日本企業だけでなく、日本に開発拠点を構える海外の企業も同様です。

コメント5

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「「日本企業の経営って、海外ではもう見向きもされない?!」」の著者

中野目 純一

中野目 純一(なかのめ・じゅんいち)

日経ビジネス副編集長

2012年4月から日経ビジネス副編集長。マネジメント分野を担当し、国内外の経営者、クリステンセン、ポーター、プラハラードら経営学の泰斗のインタビューを多数手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長