• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第1回「日本導入が検討されているIRって何?」

講師:大阪商業大学教授・アミューズメント産業研究所長、美原融氏

2014年7月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 IR(Integrated Resort)とは、カジノを含む統合型リゾート。カジノ導入に当たりシンガポールが使って広まった言葉であり、大規模なホテルやコンベンション施設、高級ショッピングモール、劇場や遊園地などのエンタテインメント施設などが併設されているのが特徴である。

 世界的に見てもIR導入を進めるところが増えてきた。日本でも10年以上にわたり、カジノ導入の是非が議論されてきたが、IRという新たなコンセプトのもとでカジノ導入の機運は高まった。2010年4月には超党派の「国際観光産業振興推進議員連盟(以下IR議連)」が発足。11年8月には「特定複合観光施設地域の整備の推進に関する法案(以下IR推進法案)」を公表。12年から通常国会への上程を目指してきたが、ようやく14年6月の通常国会でIR推進法案が審議入りして、IR実現の可能性が一気に高まりつつある。

 経済界の関心も高まるIRだが、その実態やメリット、デメリットについては一般国民の理解が深まっていないのが現状である。そこで本連載の第1回目は、IR推進法案の起草者の一人である大阪商業大学教授・アミューズメント産業研究所の美原融所長に登場していただき、日本におけるIR実現に向けた問題点とその将来像を語ってもらった。

(構成=井上 健二)

IRの本質をどのように見ていらっしゃいますか。

美原 融(みはら・とおる)氏
大阪商業大学教授・アミューズメント産業研究所長。1973年、一橋大学経済学部卒業。三井物産入社後、三井物産戦略研究所などを経て現職。01年以降、日本プロジェクト産業協議会の複合観光施設研究会主査として、東京都をはじめとする自治体のカジノ導入の動きを支援。以後は国政にも関わり、IR議連の実質的な顧問を務める。日本のIR推進におけるキーパーソンのひとりである。
(写真:鈴木 愛子)

美原:IRは機能面と施設面という2つの視点から捉えると理解しやすいと思います。機能面から見ると、遊ぶ、泊まる、観る、楽しむ、仕事をする、買い物をする、食事をするといったさまざまな機能を一体化させたリゾート複合観光施設であると言えます。人を集めてにぎわいを作り、多彩な機能が多彩な集客を可能にして消費のシナジー効果を創出します。

 施設面から見ると、カジノ、コンベンション・会議施設、宿泊施設、劇場、テーマパーク、ショッピングモール、飲食施設、美術館、博物館、スポーツ施設など、エンタテインメントとビジネスを包括する一体化した施設であり、さまざまな遊びや体験が自由に選べる非日常的な空間、施設だと言えます。

 一体開発して統括的なマネージメントを行ない、収益力のあるカジノを組み込むことで高規格の施設と質の高いサービスを実現すれば、誰もが行ってみたい施設となります。都市部に作るときは、その都市を代表するようなユニークな景観を備えていることも重要になるでしょう。

コメント2

「ビジネスパーソンのためのIR(統合型リゾート)基礎講座」のバックナンバー

一覧

「第1回「日本導入が検討されているIRって何?」」の著者

鈴木 昭

鈴木 昭(すずき・あきら)

海外事業戦略室プロデューサー

「日経エンタテインメント(週刊)」記者、「日経click」編集長、開発室部長、経営企画室マネジャー等を経て、海外各国と新規事業開発、NBO「観光イノベーション」編集を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員