このコラムについて
コンテンツ強国へ この“熱狂”を売れ!

 アニメ、マンガ、ゲーム、音楽、ファッション…。日本のコンテンツ産業は、世界中の若者に多大な影響力を持ちながら、依然として十分な外貨を稼げないままでいる。だが、遅きに失したわけではない。外国人の熱狂は高ぶるばかりだ。今こそ「コンテンツ強国」へ。

著者プロフィール

井上理

井上理

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

記事一覧

アクセスランキング

閉じる