• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第2回「日本にIRができたら誰が運営するの?」

講師:日本大学経済学部専任講師、佐々木一彰氏

2014年7月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 IRが日本の新しい産業として育つにはマンパワーが要る。カジノ、ホテル、コンベンション施設といった器を作ると同時に、IRを効率的に運営管理する人材を育てる必要が出てくるのは必至だ。

 IRで先行する諸外国には専門家を育てる教育機関が設置されているが、G8(先進8カ国)の中で唯一カジノを合法化していない日本では、IR関連の人材を育てる教育環境はまだ整っていないのが現状である。

 連載2回目では、米国のネバダ州立大学カジノ上級管理者養成プログラム(EDP)を修了した日本大学経済学部の佐々木一彰専任講師に登場していただき、IR人材育成の課題と日本型IRの展望について語ってもらった。

(構成=井上 健二)

IRに求められる人材像とはどのようなものでしょうか?

佐々木 一彰(ささき・かずあき)
日本大学経済学部専任講師。博士(地域政策学)。米国・ネバダ州立大学カジノ上級管理者養成プログラム(EDP)修了。著書に『ゲーミング産業の成長と社会的正当性~カジノ企業を中心に~』(税務経理協会)、学術論文に『カジノを包含したIntegrated Resortにおけるホスピタリティ』(日本ホスピタリティ・マネジメント学会誌HOSPITALITY第18号所収、2011年)他、多数。(写真=鈴木愛子)

佐々木:IRやカジノ企業は特別な存在ではなく、公的、社会的に管理された安全な環境下で、「楽しみ」を個々人に提供するホスピタリティ産業です。それぞれ上場企業であり、基本的にはホテル業界に近いと考えていい。同様にマーケティング、マネジメント、ファイナンスに関する知識が要求されます。

海外での人材育成はどのように行われていますか。

佐々木:マネジャークラスの人材育成は大学が中心になって行っています。例えば、ラスベガスとリノを抱えて米国におけるカジノ産業の中心地の一つであるネバダ州には、ネバダ州立大学のラスベガス校とリノ校があり、ホテル経営学部で全米でも有数の熱心な教育を行っています。特に2年ほど前に亡くなったリノ校のビル・イーディントンという先生は世界的なカジノマネジメントの権威と言われた方で、多くの教え子たちが世界中に散ってそれぞれ、実務に就いたり教鞭を取っています。

大学中心にIR人材育成が行われている海外

 また、同じく米国のサンディエゴ州立大学(カリフォルニア州)にはゲーミングの研究所とカジノマネジメントを教える講座があり、カジノ企業の寄付金を原資としてマネジャークラスの人材教育を行っています。ちなみに、ホスピタリティ産業に関してはコーネル大学(ニューヨーク州)も有名ですが、コーネル大学のホテル経営学部にはIRやカジノの経営に対する講座はありません。

コメント0

「ビジネスパーソンのためのIR(統合型リゾート)基礎講座」のバックナンバー

一覧

「第2回「日本にIRができたら誰が運営するの?」」の著者

鈴木 昭

鈴木 昭(すずき・あきら)

海外事業戦略室プロデューサー

「日経エンタテインメント(週刊)」記者、「日経click」編集長、開発室部長、経営企画室マネジャー等を経て、海外各国と新規事業開発、NBO「観光イノベーション」編集を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長