• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

IRと交流観光を新たな柱に

インバウンド先進地の北海道、神観光振興監に聞く

2014年7月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2013年、北海道を訪れる外国人は100万人を初めて突破し、日本のインバウンド客の約1割を支え続ける。都道府県別で見た宿泊数でも、北海道は306万人泊(外国人数と宿泊数を掛けた数)と昨年から53%増え、東京都、大阪府に次ぐ第3位。観光立国・日本をけん引する“優等生”で、他の都府県が学べることも多い。IR(統合型リゾート)導入にも取り組んでいる北海道の国際観光政策を司るトップが、2020年のインバウンド2000万人時代に向けて、次なる目標を語る。

(聞き手は大村 洋司=海外事業戦略室)

近年、東南アジアからの訪日客が急増していますが、北海道はいかがでしょうか。

神 姿子(じん しなこ)
北海道 経済部 観光振興監
1957年生まれ。1979年北海道庁に入庁。総合企画部政策室主幹、知事政策部知事室国際課長、総合政策部地域づくり支援局長、石狩振興局長などを経て、2014年4月より現職。(写真:村田 和聡)

:2013年に北海道を訪れた外国人の数は、前年比34.2%増の101万4700人と、初めて100万人を突破しました。中でもタイの伸びは目覚ましく、前年の3倍以上にあたる7万3000人が訪れました。インドネシアのデータはありませんが、マレーシアからの来訪者数は3万3200人で、前年比56%増となっています。

 北海道では中国、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピンを今後成長が期待される「成長市場」、台湾、韓国、香港、シンガポール、オーストラリアを「成熟市場」と位置付けています。中国は都市によって見方が異なり、上海や北京はリピーターやFIT(Foreign Independent Tour=個人旅行)も多く、成熟市場に近い形ですが、広州など他の都市は団体旅行が中心で、成長市場ととらえています。

 インドネシア、ベトナム、フィリピンではまだ北海道の知名度があまり高くないので、今年度はこの3カ国を対象に重点的な市場開拓を行っていく予定です。現地の旅行博に出展したり現地セミナーを開催するほか、現地のメディアや観光関係者を北海道に招いて観光地を見てもらうなどして、情報発信や旅行商品開発につなげる取り組みを進めていく予定です。

北海道を訪れるインバウンドの団体客と個人旅行客(FIT)の割合を教えてください。FITは増加しているのでしょうか。

:観光庁が行った2013年訪日外国人消費動向調査によれば、団体旅行の割合が日本全体で26%なのに対し、北海道では62%とかなり割合が高いです。北海道を訪れる外国人観光客の約4割が台湾からで最も多いのですが、観光バスを使った団体旅行が中心となっています。

 一方で、北海道を訪れる外国人のレンタカー利用者数もかなり伸びています。北海道地区レンタカー協会連合会のデータによれば、2013年度は1万7432人で前年比73.6%増となり、FIT客が増えているようです。

 この連合会に加盟しているのは北海道にあるレンタカー事業者の約16%なので、全体を網羅しているとは言えませんが、新千歳空港周辺で営業するレンタカー事業者が入っているので、外国人の旅行傾向を読み取る一つの目安になると思います。国・地域別に見ると、香港の利用者数が最も多く、全体の約半数を占めています。香港は同じ右ハンドルなので、運転しやすいというのもあるかもしれません。

コメント0

「「観光立国」キーパーソン」のバックナンバー

一覧

「IRと交流観光を新たな柱に」の著者

大村 洋司

大村 洋司(おおむら・ようじ)

海外事業戦略室プロデューサー

1989年日経BP入社。95年「ナショナルジオグラフィック日本版」編集、2004年同誌副編集長。07年「日経ビジネスオンライン」副編集長。10年「日経ビジネスアソシエ」副編集長。12年1月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

井上 理江

井上 理江(いのうえ・りえ)

ライター

1989年早稲田大学第一文学部卒業。旅行業界誌「トラベルジャーナル」記者を経て、1994年よりフリー。アウトバウンドからインバウンドまで、観光のバックヤードを20年間ウオッチ。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO