• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

宗一郎とジョブズは究極のデザイナー

  • 小林 三郎

バックナンバー

2014年7月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

小林 三郎 氏(右)
中央大学大学院戦略経営研究科 客員教授。1971年本田技術研究所に入社。1987年に日本初のエアバッグの開発・量産・市販に成功。2000年にはホンダの経営企画部長に就任。退職後、一橋大学大学院国際企業戦略研究科客員教授を経て、2010年4月から現職。主な著書に『ホンダ イノベーションの神髄』、『ホンダ イノベーション魂!』など。
田子 學 氏(左)
エムテド代表取締役 アートディレクター/デザイナー。東芝、「アマダナ」(リアル・フリート)での活動を経て独立起業。現在、慶應義塾大学大学院SDM研究科特任教授、法政大学デザイン工学部非常勤講師、東京造形大学非常勤講師も務める。主な著書に『デザインマネジメント ~アップル、グーグル、アウディ、ダイソンの経営の基本はこれだ』など。
(撮影:栗原 克己)

 ドイツのアウディやポルシェ、米国のアップルやグーグル、スウェーデンのエレクトロラックスや英国のダイソンなどは、デザインマネジメントを当然のこととして実施している。こうした欧米企業の商品と、日本企業の商品の間に、言葉ではなかなか説明できない決定的な違いがあると皆さんは感じないだろうか。その違いの原因はデザインに対する考え方の違いかもしれない。

格好で製品を造ってはダメ

小林:あまり知られていないかもしれませんが、おやじ(ホンダ創業者の本田宗一郎のこと)はデザインとデザイナーをとても大事にしていた。技術者には「技術だけじゃダメだ。デザイナーになれ」とよく言っていました。

田子:それは、単純に形や色を重視していた、というわけではないですよね。

小林:もちろん、違います。デザインというと、形と色という意匠デザインを思い浮かべる人が多いけど、意匠に凝って格好だけでクルマを造ってもいいものはできません。どんな価値を提供したいのか、というのが出発点で、それを素直にお客さんに伝えるのが良いデザインなのです。格好だけだと、最初は「おっ、いいな」と思うかもしれませんが、すぐに飽きられます。

 デザインというのは全てを統合するものなんですよね。その中に、「コンセプト」や「価値」「本質」が包含されている。例えば、米アップルの故スティーブ・ジョブズのことをデザイナーといっても違和感はないでしょう。その意味では、おやじだってデザイナーなんです。突き詰めれば企業の本質は、お客さんに提供する価値をデザインしていくこと。

コメント2

「「デザイン×技術」でイノベーション」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長