• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

リーダーが陥りがちな「グレシャムの法則」

挑戦する職場風土の作り方

2014年7月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日々の業務の決定と、将来を見据えた戦略の構築。後者の重要性は認識していても、多忙なリーダーはついつい前者ばかりに追われてしまいがちだ。そんな状況から抜け出し、職場の未来を描いてメンバーを巻き込んでいくにはどうすればいいか。人材コンサルティングを手掛ける産業能率大学総合研究所の矢部則之主席研究員に聞いた。

(聞き手は西頭 恒明)

矢部さんは現場起点の組織変革を促すために、企業の現場マネジャーを対象にした「OJDマネジメント」の研修などを実施しています。よく聞くOJT(職場内訓練)ではなく、OJDとはどういうものですか。

矢部:オン・ザ・ジョブ・ディベロップメントの頭文字を取ったもので、職場における「成果目標の達成」と「人材開発」を統合したマネジメントを意味しています。

 今、現場リーダーの多くは以前と比べて仕事が多様化・繁忙化し、プレーイングマネジャー的な役割も求められています。そのため、今ある目標を達成するためにどう人材を活用するかに汲々としているのが現状です。

産業能率大学総合研究所の矢部則之主席研究員

 逆に言えば、中期的な構想を描き、そこへ向けて人材を育成、開発するといったことにあまり取り組めていません。OJDで重視しているのは、職場の中期的な構想を描き、それに基づいて人材を開発し、その人材を活用することで目標を達成するという循環を作り出すことです。

私自身もそうですが、どうしても目先の仕事への対応を優先して、中長期的な目標を考えたり、そのために準備をしたりといったことが疎かになってしまう人は少なくないと思います。

矢部:「グレシャムの法則」ですね。

コメント1件コメント/レビュー

グレシャムの法則で考えれば、確かに納得できますね。弊社も親会社から悪貨に等しい経営者が来ては、経営の真似事だけをして、最終的には会社の雰囲気や経営指標を悪くして逃げていくという現状が繰り返されているため、会社の質が落ちてきています。そのような人間に限って「時代の流れが速いから先が分からない」と平気で言います。その程度の経営者は会社に必要ありません。良貨に匹敵する経営者に来て欲しいものです。(2014/07/23)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「リーダーが陥りがちな「グレシャムの法則」」の著者

西頭 恒明

西頭 恒明(にしとう・つねあき)

日経ビジネス副編集長

1989年4月日経BP社入社。「日経イベント」を経て、96年8月「日経ビジネス」編集部に異動。2008年10月日経ビジネス副編集長。2009年1月日経情報ストラテジー編集長。2012年1月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

グレシャムの法則で考えれば、確かに納得できますね。弊社も親会社から悪貨に等しい経営者が来ては、経営の真似事だけをして、最終的には会社の雰囲気や経営指標を悪くして逃げていくという現状が繰り返されているため、会社の質が落ちてきています。そのような人間に限って「時代の流れが速いから先が分からない」と平気で言います。その程度の経営者は会社に必要ありません。良貨に匹敵する経営者に来て欲しいものです。(2014/07/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長