• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第2回 子どもの6人に1人が貧困に苦しむ日本の現実

File4 日本の飢餓 阿部彩

  • 高橋 盛男

バックナンバー

2014年7月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 阿部さんは、著書に2008年発行の『子どもの貧困』(岩波新書)があり、今年その続編となる『子どもの貧困2』(同)を上梓した。この問題に長く取り組んできている。

 自分ではどうにもできないのが、子どもの貧困の深刻な点。さらに問題なのは、貧困による負の連鎖がさまざまなかたちで、その子にふりかかっていくことだ。

子どもの貧困は負の連鎖に

 子どもの貧困で、まず目に止まるのが「食事が満足に与えられていない」ことである。「小中学校の養護教員や児童養護施設などから、その実態を示す声がよく上がってきます」と阿部さんはいう。

 たとえば「連日、朝食を食べずに登校する児童」「給食が1日で唯一の食事だったという子」「夏休みが明けて学校に来ると、痩せている子」がいるといった事例だ。

 阿部さんは現在、新潟県立大学の村山伸子教授が行っている「世帯の経済状態と食生活の関連」についての共同研究に参加している。そこでは、低所得世帯の児童は「休日の朝食を欠食する」「野菜の摂取頻度が低い」「インスタント麺やカップ麺の摂取頻度が高い」などの傾向が明らかに見られる。

「食事が不十分ならば当然のこととして、子どもの健康や発達に影響が出てきます。ところが、貧困世帯では子どもが病気になっても、医療費が払えないから病院に連れて行けないというケースも多々ある。そんなふうに、貧困が負の連鎖を生んでいきます」

国立社会保障・人口問題研究所の阿部彩(あべ あや)社会保障応用分析研究部部長。『子どもの貧困―日本の不公平を考える』『子どもの貧困II――解決策を考える』(共に岩波新書)、『弱者の居場所がない社会――貧困・格差と社会的包摂』 (講談社現代新書)などの著書がある。(以下撮影:藤谷清美)

『ナショナル ジオグラフィック日本版』本誌2014年8月号では2050年、90億人時代に向けた特集「米国に広がる新たな飢餓」を掲載しています。Webでの紹介記事はこちら。フォトギャラリーはこちらです。ぜひあわせてご覧ください。

コメント4

「インタビュー 日本の食の未来」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック