• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第3回「ビジネスパーソンはIRをどう見ているか」

「IRを詳しく知っている」(14%)~日経BP「IRに関する意識調査」から

2014年7月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日経ビジネスオンラインの読者を主な対象として実施した「第1回カジノを含む統合型リゾート(IR)に関する意識調査」(企画:日経BP、日経BPコンサルティング)の集計結果がまとまった。

有効回答数は1154名。男女比は男性76.2%、女性23.8%。回答者の平均年齢は44.9歳。

日本国内へのIR導入の議論が活発化していることを「詳しく知っている」と答えたのは14.0%にとどまった。大半のビジネスパーソンにとってはIRの日本導入の動きについては、「聞いたことがある」68.8%という程度の認識しかないというのが現実だ。

この段階でIR導入の是非について、「賛成」20.6%、「どちらかといえば賛成」46.1%、「反対」11.6%、「どちらかといえば反対」21.7%と回答。

IRを推進するメリットの1位は「海外からの集客が見込める」59.8%、2位「経済効果が見込める」58.1%。デメリットの1位は「ギャンブル依存症が増加する」64.3%、2位「暴力団組織等の介入を招く」58.5%だった。

本調査は質問項目が36項目に及ぶものだが、今回の「ビジネスパーソンのためのIR基礎講座」では、調査結果を抜粋してご紹介する。

 日経ビジネスオンラインの読者に対して、カジノを含む統合型リゾート「IR」に関する利用経験や認知度について質問した。

 IRやカジノの利用経験のある人は40.4%。利用国・エリアの1位は米国ラスベガス17.1%、2位は香港・マカオ13.0%、3位は韓国11.7%、4位はシンガポール4.7%となった。

■図1 国・地域別IR利用経験

 IR利用経験者に利用した施設を選んでもらうと、1位はカジノ89.3%、2位はホテル・宿泊施設73.8%、3位は飲食施設61.5%となり、4位ショッピングモール45.0%、5位劇場などの大人向けエンタテインメント施設34.3%、6位遊園地などのファミリー向けのエンタテインメント施設18.8%と続いた。

■図2 国・地域別IR利用施設
※IR利用経験者ベース

コメント0

「ビジネスパーソンのためのIR(統合型リゾート)基礎講座」のバックナンバー

一覧

「第3回「ビジネスパーソンはIRをどう見ているか」」の著者

鈴木 昭

鈴木 昭(すずき・あきら)

海外事業戦略室プロデューサー

「日経エンタテインメント(週刊)」記者、「日経click」編集長、開発室部長、経営企画室マネジャー等を経て、海外各国と新規事業開発、NBO「観光イノベーション」編集を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック