• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“かまって新入社員”の育て方

尊敬できる上司がいれば「退職リスク」は減少

2014年8月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3年で約3割にも達すると言われる新入社員の離職率。人手不足感が高まる中、せっかく採用した人材を何とかつなぎ止め、戦力として育てなければという企業の危機意識も増している。

 中小企業約3000社に採用・教育サービスを提供しているジェイック(東京都千代田区)は今年7月、2014年4月入社の新入社員523人に対して入社3カ月後の意識調査を実施した。それによれば、既に「退職を考えたことがある」という新入社員が28%に達していた。

 「職場に尊敬する先輩・上司がいるか」「上司が自分の成長に関心を持っていると感じているか」といった質問への回答と、退職を考えたことの有無との相関関係を調べてみると、尊敬できる先輩・上司の存在などが、「退職リスク」を低下させていることが判明した。

 ジェイックの佐藤剛志社長に、調査から分かった傾向や、上司や先輩が新入社員にどう接し、育てればいいかなどを聞いた。

(聞き手は西頭 恒明)

ジェイックが実施した2014年4月入社の新入社員に対する入社3カ月後の意識調査で、既に「退職を考えたことがある」という新入社員が28%にも達しました。せっかく採用した人材の離職を防ぐには、何が有効なのでしょうか。

佐藤:私どもの調査からは、「退職を考えたことがある」と強く関係する3つの要素が浮かび上がってきました。

佐藤剛志(さとう・たけし)氏
1986年早稲田大学卒業後、大手コンサルティング会社に入社。97年ジェイック専務、2000年代表取締役社長に就任。

 1つは、「職場に『将来こうなりたい』と憧れる先輩、上司はいますか?」という質問です。「尊敬する先輩・上司が3人以上いる」という新入社員の84%が「退職を考えたことはない」とする一方、「尊敬する先輩・上司が1人もいない」という新入社員の70%が「退職を考えたことがある」と回答しています。つまり、尊敬する先輩・上司の存在が退職リスクを押し下げているんですね。


 2つ目は、「上司が自分の成長に関心を持っていると感じるか」。「強くそう思う」という人の82%が「退職を考えたことはない」としているのに対し、「そう思わない」という人の62%が「退職を考えたことがある」と答えています。尊敬している先輩・上司の存在と同様に、強い関係を示しています。

コメント10

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「“かまって新入社員”の育て方」の著者

西頭 恒明

西頭 恒明(にしとう・つねあき)

日経ビジネス副編集長

1989年4月日経BP社入社。「日経イベント」を経て、96年8月「日経ビジネス」編集部に異動。2008年10月日経ビジネス副編集長。2009年1月日経情報ストラテジー編集長。2012年1月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長