• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

宇宙人社長が見るITの未来

このコラムについて

 2013年4月に東証マザーズに上場を果たしたオークファンを率いるのは武永修一社長。大学在学時に輸入・リサイクル事業をネットで展開する企業を興して以来、経営者としての経験を積み続ける。経歴も異色だが、社内外から「変わり者」「宇宙人」と呼ばれる武永社長は、常に独自の視点で長期的にビジネスを見据え、実現のために布石を打ち続ける。

 「この感覚は言語化できない」とインタビューの端々で口にする武永社長の頭の中身を、可能な限り言語化を目指す。

記事一覧

著者プロフィール

武永 修一

武永修一(たけなが・しゅういち)

オークファン社長

1978年生まれ。京都大学在学中に個人事業としてネットオークションを始める。2004年にデファクトスタンダード設立。07年に会社分割でオークファンを設立し社長に就任。13年4月に東証マザーズ上場。

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長