• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アベノミクスに4つの誤算、円安のデメリットが顕在化

BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストに聞く

2014年8月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

4~6月期の実質GDP(国内総生産)の成長率は年率でマイナス6.8%と大きく落ち込みました。消費の回復も遅れています。これまで消費増税の影響は「想定内」との見方が多かったですが、実は「想定外」のことが起きているのではないでしょうか。

河野 龍太郎(こうの・りゅうたろう)氏
BNPパリバ証券経済調査本部長チーフエコノミスト
1964年生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。87年住友銀行(現三井住友銀行)入行。大和投資顧問(現大和住銀投信投資顧問)エコノミスト、米国大和投資顧問エコノミスト、第一生命経済研究所を経て2000年から現職。(写真:都築 雅人、以下同)

河野:4~6月期のGDP統計の結果、今の日本が直面している構造的な問題が明らかになったと考えています。実は今年の春頃から、日本経済に様々な問題が見えてきました。一言で言えば、「アベノミクスの4つの誤算」です。

4つ、もあるのですか。

河野:はい。まず1つ目が、実質ベースの円安がかなり進んでいて、しかも海外の景気が持ち直しているのに、供給制約から実質輸出が伸びていない点。

 2つ目が、企業の業績が回復しているのに、設備投資が更新投資や省力化投資の域を出ず、能力増強投資となっていない点。

 3つ目が、個人消費が弱い原因は、消費増税の反動減だけではなく、実は円安で実質購買力が損なわれているという点。

 そして4つ目が、人手不足や資材価格の高騰によって公共投資の執行が遅れている上に、いわゆる「クラウディング・アウト(政府の追加財政によって、結果的に民間投資や個人消費が抑制されてしまうこと)」の効果で、民間の建設投資が抑制されてしまっている点です。

 それぞれの点を、順を追って説明してきましょう。

よろしくお願いします。

潜在成長率の8倍も成長したから人手不足が起きた

河野:まず、前提として、私たちは日本の潜在成長率が大きく低下していること、そして、経済のスラック(供給能力の余剰)がほとんどなくなっていることを認識すべきです。

 多くのエコノミストが潜在成長率は1%弱と試算していますが、私は0.3%に過ぎないと分析しています。しかし、2013年の実質成長率は大盤振る舞いの追加財政や消費税の駆け込み需要の影響もあって2.3%にもなりました。その結果、急に人手や設備が足りないということになった。

 過去20年、総需要不足だけではなく、実は供給能力も低下していました。つまり、潜在成長率が0.3%しかないのに、その8倍も成長したものだから、人手不足などが一気に顕在化したのです。

 生産設備もむしろ減っているので、輸出も伸びません。2013年以降、物価で調整すると、輸出は悪化していないものの、増えてもいません。世界経済は2012年の終わりから回復しています。米国の景気は昨年4月から回復していますし、中国も今年の春から持ち直しています。それでもなぜ、日本は回復しないのでしょうか。

 過去20年の景気回復のパターンを振り返ると、輸出が伸びると生産が増え、家計所得が向上して消費も回復する。そして、企業の業績も回復し、設備投資も増えるというものでした。しかし、今回はこの回復パターンの起点になるはずの輸出が伸びていません。供給制約によって、その前提が狂っているのです。

コメント28件コメント/レビュー

1ドル360円や280円の記憶が大きくて現在は円安に感じられない。役人の人数と給料を減らしてほしいが少ししか実行されていない。相変わらず彼等の退職金も庶民からは羨ましい限り。若者の格差は一向に解消されない。若者の収入と育児への支援があれば車は国内でも売れるだろう。生活保護費を拡大すれば全額を市場で使ってくれるだろう。経済発展の為でもロシアとの交渉は安倍政権は止めて欲しい。私は三橋貴明先生を尊敬しているので先生のお話を伺いたい。長谷川慶太郎先生でも良いと思う。(2014/08/30)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「アベノミクスに4つの誤算、円安のデメリットが顕在化」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

1ドル360円や280円の記憶が大きくて現在は円安に感じられない。役人の人数と給料を減らしてほしいが少ししか実行されていない。相変わらず彼等の退職金も庶民からは羨ましい限り。若者の格差は一向に解消されない。若者の収入と育児への支援があれば車は国内でも売れるだろう。生活保護費を拡大すれば全額を市場で使ってくれるだろう。経済発展の為でもロシアとの交渉は安倍政権は止めて欲しい。私は三橋貴明先生を尊敬しているので先生のお話を伺いたい。長谷川慶太郎先生でも良いと思う。(2014/08/30)

円の暴落を安倍の成果と偽った多重詐欺だから誤算でもなんでもないでしょう。財務省が手に入れたかった増税と国債発行余力の拡大それと日銀総裁の椅子はすでに手に入れて増税分を超える報酬のアップを果たし目的は果たしました。経済が良くなるような嘘を言っていたにすぎません。物価が右肩上がりに上がり続けていた昔には商いをするほとんどの人が上がっていく物価という要因で利益拡大できた時代もありましたがそれはすでに夢物語でモノの値段の変動で利益を得ているのはごく一部のものに過ぎないという現実があります。その証拠に政府に働き替え個の茶番に大きな影響を及ぼした慶応大は運用で大きな利を得たと報道されました。インサイダーで摘発されても良いことではないでしょうか。設備投資等昔の成長位にそうであったことを引き合いに出しても所詮は詐欺であっただけで国民の利益とは逆を狙っていたのだから理屈をこねること自体が無意味ではないですか。国民お為の行政ならば国民お平均収入に公務員の報酬がリンクしているでしょうから。袖ないのは特定に誰かを擁して自分もそれにリンクして利を得る構造であることはあきらかですよ。全てがグルの公務員マフィアが支配する国、日本というところから理屈をこねてみてくださいな。(2014/08/29)

円安のおかげで輸出産業じゃ大きく利益が上がっているのが現状。まだまだ為替変動リスクがあるのに、いきなり国内生産のための設備投資増強などということはあり得ない。価格は固定し、今までの通りの生産を続ければ大きく利益が出る。基本的に輸出業は潤っている。円安と円高どちらがメリットがあるかというのは難しい問題。円安で国内雇用が高まらないので、円安のデメリットが大きいという論調だが、根拠が弱い。構造改革が必要というのは賛同するが、論調が漠然としすぎている。結局、イメージ論ばかりが並んでいるのはどうかと思う。字数制限が厳しかったのでしょうか。もう少し、きちんと書いてあげないと何も発信していないのと同じで可哀そう。(2014/08/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長