• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

肥満に「強い意志を持て」は間違い

無知では食品メーカーの思惑通りになってしまう

2014年8月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大人の3人に1人、子供も5人に1人が肥満に該当する米国。生活習慣病をはじめとする疾患と食生活との関連性が指摘される中、ニューヨーク・タイムズ紙のマイケル・モス記者は、大手加工食品メーカーが塩分・糖分・脂肪分を巧みに配合し、消費者の舌を刺激し続けてきた裏側を1冊の本にまとめた。『Salt Sugar Fat』と題したその著書(邦題は『フードトラップ』)でモス氏は何を訴えようとしたのか。

なぜ、塩分(Salt)、糖分(Sugar)、脂肪分(Fat)という3つを取り上げることになったのですか。

マイケル・モス氏(以下、モス):私は2007年に米国で起きたハンバーグ肉汚染による大規模食中毒について調査をしました(*)。その中で情報源となった人から、「食と健康に関することを知りたいのなら、塩を見るとよい」と教えられました。

(*)この報道で2010年にモス氏は、優れた報道に贈られるピュリッツァー賞(解説報道部門)を受賞

マイケル・モス(Michael Moss)
『ニューヨーク・タイムズ』記者。カリフォルニア州ユーレカ生まれ。『ウォール・ストリート・ジャーナル』『ニューヨーク・ニュースデイ』などを経て現職。2010年に食肉汚染の調査報道でピュリッツァー賞を受ける。1999年と2006年にも同賞のファイナリストとなった。コロンビア大学大学院でジャーナリズム学准教授なども務める(写真:常盤武彦、以下同)

 次に私はこんな質問をして歩きました。「塩のほかに食品メーカーが製品に加えているものは何か」。砂糖と脂肪でした。

 塩、砂糖、脂肪。この3つは加工食品の三大要素なのです。食品メーカーが頼りにする柱と言っていいでしょう。安価で、混ぜやすく、そして適切に配合すれば、抗しがたいおいしさが生まれるのです。

知識こそが力になる

シリアル、アイスクリーム、ピザ、ポテトチップス……。本書で挙げているのは、アメリカ人ならずとも食べているものばかりです。現実は加工食品なしで生活していくのは難しくなっています。我々はどう付き合っていけばいいのでしょうか。

モス:私はアンチ加工食品を意図してこの本を書いたのではありません。

 私には2人の息子がいます。10歳と14歳になります。妻は外で職を得ており、我が家の朝は本当に慌ただしい。この忙しい毎日をやりくりするにはある程度、加工食品に頼らざるを得ません。ですから、加工食品が私たち家族を支配するのではなく、我々が加工食品をコントロールするように努めています。問題は、塩、砂糖、脂肪、それ自体ではなく、取り過ぎることなのです。

 加工食品を減らすことだけが解決法になるわけではありません。栄養の観点から言えば、より多くの野菜や、加工されていない果物を食べることが健康に結びつきます。

コメント5件コメント/レビュー

儲ければよい・・・資本主義において当然ではあるのだが、倫理の観点・道徳の観点の欠落があるのではないか?真の国益とはなんなのか?非常に奥深い問題提起をされている記事だと思います。私も医療関係者の一人ですが実感として感じられるのが、アレルギーへの加工品の影響。近年非常に増えつつあるアレルギーだがあまり声高々と言われないが、原因として第二次世界大戦以後に急速に使われるようになった科学添加物・合成添加物が指摘されている。売れればよい、儲ければよい。それが国益にもつながる。短絡的な強欲がもたらしたものではないだろうか?(2014/08/29)

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

「肥満に「強い意志を持て」は間違い」の著者

細田 孝宏

細田 孝宏(ほそだ・たかひろ)

日経ビジネス 副編集長

1995年早稲田大学卒業。日経BPに入社し、日経ビジネス編集に配属される。日経アーキテクチュア編集、日経ビジネス・ニューヨーク支局長などを経て現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

儲ければよい・・・資本主義において当然ではあるのだが、倫理の観点・道徳の観点の欠落があるのではないか?真の国益とはなんなのか?非常に奥深い問題提起をされている記事だと思います。私も医療関係者の一人ですが実感として感じられるのが、アレルギーへの加工品の影響。近年非常に増えつつあるアレルギーだがあまり声高々と言われないが、原因として第二次世界大戦以後に急速に使われるようになった科学添加物・合成添加物が指摘されている。売れればよい、儲ければよい。それが国益にもつながる。短絡的な強欲がもたらしたものではないだろうか?(2014/08/29)

他誌でも、あの手この手で、人々の「食欲」をコントロールしようとする食品加工メーカーの記事を見ました。「食べること」は、生きていくうえで必要なものですし、消費者側が知識をもって「食品」を選ばないといけないのだなと思いました。メーカーが「誘惑」をしていることに気づくことは、大事ですね。いかに「健康」でいられるかの食品も競っているのだから、そこでも躍らされないようにしないと。(2014/08/29)

記事の評価の欄に「是非読むべき」というのがありますが、この記事ほどそうだと思えるものはなかったかもしれません。私はスナック菓子などを食べる習慣はないものの、子どもたちが案外好きで、なぜなのかな~と考えることがよくありました。メーカーの方の中に罪責感があるという話は化粧品業界や薬品業界の中にもたまに聞きますが、お菓子メーカーでもそうだという話に、それはそうかと納得する部分もありました。もちろん個人の責任を回避すべきではありませんが、行き過ぎた快楽と貪欲の代償について考えさせてもらえる良い記事でした。(2014/08/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授