• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

え、まだオフィスで働いているんですか?時間や場所にとらわれずに働く時代です

クラウドワークス 吉田浩一郎社長兼CEOに聞く(前編)

  • 日経トップリーダー

バックナンバー

2014年9月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

インターネット上で不特定多数の人を募集して仕事を発注するクラウドソーシング。クラウドワークスは2012年3月のサービス開始から2年あまりで、国内最大級になるほど事業を拡大している。クラウドソーシングで企業の仕事の進め方や個人の働き方はどのように変わるのか。新しいビジネスが引き起こした「うねり」の意味について、吉田浩一郎社長兼CEOが語る。

クラウドソーシングの分野で急成長しています。

 クラウドソーシングは、「crowd」(群衆)に「sourcing」(委託先の獲得)という英単語を掛け合わせた造語です。インターネット上で不特定多数の人を募って仕事を発注するサービスのことで、クラウドソーシングが企業の仕事の進め方と個人の働き方を大きく変えると私は考えています。

個人が国や企業並みの情報を持てるようになった

吉田 浩一郎(よしだ・こういちろう)
1974年生まれ。東京学芸大学卒業後、パイオニア、リードエグジビションジャパンなどを経て、ドリコムで執行役員として東証マザーズ上場を経験。2008年にZOOEE設立。11年に2度目の起業でクラウドワークスを立ち上げた。著書に『世界の働き方を変えよう』(総合法令出版)、『クラウドソーシングでビジネスはこう変わる』(ダイヤモンド社)がある(写真/菊池一郎)

 国家や企業が個人より多くの情報を抱えていた20世紀と異なり、21世紀はネットのおかげで個人が国家や企業並みの情報を持てるようになりました。昔は隣町のお祭りがいつ開かれるのかという情報でさえ、回覧板などでしか分からなかった。

 しかし、今や個人が情報で国家を揺るがす時代です。チュニジアで起きたジャスミン革命は、フェイスブックなどのSNS(交流サイト)で、個人同士がつながった影響が大きかったと言われていますよね。ネットを通じて個人の力が強くなる流れの中で、クラウドソーシングのビジネスも生まれたんです。

 当社は仕事の発注者(クライアント)と受注者(ワーカー)をネット上でマッチングする「場」を提供しています。クライアントは主に企業で、ワーカーは基本的に個人。2012年3月にサービスをスタートして以来約2年半で、クライアント企業は約3万2000社、ワーカーは18万人、仕事の依頼の総額は累計120億円にまで拡大しました。これは国内最大級の規模です。

企業が発注する仕事の内容に特徴はありますか。

 スマートフォン(スマホ)向けのアプリ開発やホームページ制作、ロゴマークのデザイン、データ入力など、多岐にわたります。中には商品のキャッチコピーや新商品のデザインを募るケースもあります。

 一方、ワーカーの属性も様々です。システムやソフト開発を手掛けるエンジニアやデザイナーなど専門的なスキルを持つ人はもちろん、子育て中の一般の主婦なども含まれます。


コメント0

「トップリーダーかく語りき」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授