キーパーソンに聞く

次世代車の本命は「燃料電池車」か「EV」かという議論は不毛

自動車アナリストの中西孝樹氏に聞く

2014年9月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

トヨタ自動車が水素を使う燃料電池車(FCV)の発売を2014年度中に予定するなど、日本では「水素社会」が注目を集めている。一方、欧米を中心に電気自動車(EV)の普及も加速する。次世代車の覇権争いは今後どうなるのか。

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「次世代車の本命は「燃料電池車」か「EV」かという議論は不毛」の著者

山崎 良兵

山崎 良兵(やまざき・りょうへい)

日経ビジネス記者

日経ビジネス編集部、ニューヨーク支局、日本経済新聞証券部を経て、2013年1月から日経ビジネス編集部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスDigitalトップページへ