• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「嫌なら辞めな!」で、本当に社員の4割が会社を去る

第2回:マンガと美人講師とテストで社員を変える

2014年9月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 トラック運転手の間で「心癒される運搬先」と評判の産業廃棄物処理会社、石坂産業。搬入業者を迎えるため、猛暑の日には、エントランスに打ち水をし、冷やしトマトを無料で振る舞う。社員のホスピタリティーの高さは、経済産業省の「おもてなし経営企業選」に選ばれたほど。しかし、ここまでの道のりは長かった。異色企業を率いる2代目経営者、石坂典子社長が、かつて直面した難局を振り返る(前回の記事はこちらをご覧ください)。

 「そんな七面倒臭いこと、やってられるかよっ!」

 そう言わんばかりに社員が放り投げたヘルメットが、ふわりと宙を舞いました。

 私が社長に就任して数カ月後。全社朝礼でスピーチしている最中のことです。ヘルメットの主は、そのままその場を立ち去りました。さらに数人の社員が後を追い、その後、私が彼らと顔を合わせることは2度とありませんでした。

 そのときの光景は、12年経った今も、私の脳裏に鮮明に焼きついています。

社長就任直後に直面した社員との軋轢について語る(写真:菊池一郎)

 またまた不穏な展開ですね。

 父が創業した産廃会社の社長に志願して就任したことは、前回、お話しした通りです。

 しかし、当時31歳だった私には、女性が社会で働くことの現実がまだよく分かっていませんでした。まして、荒っぽい気性の男性社員が揃う産廃会社のなかで、創業者の娘というだけで社長に就任した自分に、どんな眼差しが向けられていたかといえば……。

 この朝礼での一幕は、その後、何度となく経験する「女社長が、男社会でコケにされる」というストーリーの最初の1コマでした。そして、わずか半年のうちに、社員の4割が会社を辞めるという大波乱の幕開けでもありました。

顧客の“採点表”に驚愕!

 このときに社員に猛反発を食らった原因は、環境マネジメントシステムのISO14001や品質マネジメントシステムのISO9001といった、国際規格の取得を目指すと発表したことでした。もちろん、私なりに狙いがあってのことです。

 1999年、埼玉県所沢市の農産物がダイオキシンに汚染されているとの報道をきっかけに、産業廃棄物の焼却を手掛けていた私たち石坂産業は「土壌汚染の発生源」として、地元住民の激しい批判にさらされ、撤退・廃業を求める訴訟まで起こされました。

 この窮地に、私と父が下した決断は、ダイオキシンの発生源となり得る焼却炉を廃炉にすること。そして、産業廃棄物のリサイクル、再資源化に特化する道を選ぶことでした。

 そこで重要になるのが、リサイクルした木材チップなどの再生資源を買い取るエンドユーザーからの評価です。彼らは定期的に私たちの工場を訪れ、品質管理などをチェックします。あるとき、彼らが採点表のようなものを手にしていることに気づいた私は、その用紙を見せてもらいました。

 用紙には、チェック項目がずらずらと並んでいたのですが……。

 最後の項目を見てビックリ! 「国際規格ISO14001を取得しているか」の配点が、100点満点の中で40点もあったのです。つまり、ISO14001を取得しないかぎり、どんなに頑張っても60点の評価。逆に取得できれば、それだけで40点の加点がもらえる、というわけです。

 これは、取らないわけにはいかないでしょう!

 そう意気込んで父に提案したのですが……あえなく却下されました(泣)。

コメント5

「ドラ娘がつくった「おもてなし産廃会社」」のバックナンバー

一覧

「「嫌なら辞めな!」で、本当に社員の4割が会社を去る」の著者

石坂 典子

石坂 典子(いしざか・のりこ)

石坂産業社長

1972年東京都生まれ。高校卒業後、米国への短期留学を経て、父親が創業した石坂産業に入社。2002年社長就任。現在、2児の母。13年、同社は経済産業省の「おもてなし経営企業選」に選ばれた

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員