• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「風の谷のナウシカ」の歌はこうして生まれた!

細野晴臣さま 第1回

2014年9月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今、カルチャーシーンでは80年代が“来てる”と言われています。学園紛争の70年代が明け、バブルに向かって世の中が「いいの?」と思うほど、明るーく変わった時代。その幕開けは、♪テーテーテー、テテテ、テッテケテテテー♪ そう、YMOのテクノポップでした。CMプランナー、澤本嘉光さんの「偉人×異人対談」、今回はミュージシャンの細野晴臣さんをお迎えしています。

細野晴臣(ほその・はるおみ)/ミュージシャン
1947年、東京都生まれ。立教大学在学中にバンド活動を始める。「エイプリル・フール」「はっぴいえんど」「ティン・パン・アレー」と、70年代の伝説のバンドを経て、78年に結成した「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」が一世を風靡。ソロでも多彩な活動を行い、日本のポップスシーンを代表する才能として、今なお大勢のファンから愛される。ハリー細野の別名も。(写真:陶山 勉 以下同)

澤本:この対談なんですけど、好きな人と会って話をしていい、ということで、今まで本当に好きな人としかお会いしていなんです。

細野:今回で何度目なんですか。

澤本:映画監督の細田守さんから始まって、俳優・ミュージシャンの星野源さん、「宇宙兄弟」の編集者の佐渡島庸平さん、ホイチョイプロダクションズの馬場康夫さん、構成作家の小山薫堂さん、とお話をしてきて、細野晴臣さんで5度目です。

細野:みんな面白そうな人たちですね。後でバックナンバーをちょっと見てみよう。

澤本:星野源君とはすごく話が合って、対談後も、食事とかをさせていただいているんですが、そのたびに細野さんの話で盛り上がっていまして。

細野:星野くんとは、雑誌で対談をやっていますからね。この間も会ったばっかりでね。

澤本:星野君は細野さんの音楽をものすごくよく知っていらっしゃるから、うまく話ができると思うんですけど、僕はもともとそんなに造詣が深くなくて。

おいおい。

澤本:いや、本当です。そこら辺は僕が気張ってもしょうがないと思いますので、せっかくのビジネス媒体ですから、ビジネスの話をなるべくしようと思います。そうは思っているんですが、いつも、そうならないところがちょっと課題なんですけど。

細野:だったら相手が違うんじゃない?

澤本:いえいえ。前にうかがったかもしれませんが、僕がもう1回聞いてみたいと思うことをまた聞いてみようと思います。

その前に、お2人のなれそめをうかがっていいですか。

細野:……なれそめ、ね。

はい、この対談のお約束なんです。

「澤本嘉光の「偉人×異人」対談」のバックナンバー

一覧

「「風の谷のナウシカ」の歌はこうして生まれた!」の著者

澤本 嘉光

澤本 嘉光(さわもと・よしみつ)

CMプランナー

1966年、長崎県生まれ。東京大学文学部卒業後、電通に入社。カンヌ国際広告祭賞など内外の受賞多数。2007年に始まったソフトバンクモバイル「白戸家シリーズ」は5年目に突入し、いまや国民的CMに成長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

清野 由美

清野 由美(きよの・ゆみ)

ジャーナリスト

1960年生まれ。82年東京女子大学卒業後、草思社編集部勤務、英国留学を経て、トレンド情報誌創刊に参加。「世界を股にかけた地を這う取材」の経験を積み、91年にフリーランスに転じる。2017年、慶應義塾大学SDM研究科修士課程修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長