• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「『伝統こそ活力』は世界共通」

File5 エノキアン協会 Willem van Eeghen代表

2014年10月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界の中でも日本は、長生きする企業、いわゆる老舗が多い国だ。サスティナブルという言葉が登場する随分と前から、「継続を前提とした経営」を行ってきた企業が、数多く存在してきた。時代の先を読み、半歩なり一歩先の手を打ってきたからこそ、存続してきたのである。そこにどんな知恵があるのか、何を大事にし、これからどこに進もうとしているのか。本稿では、老舗と呼ばれる企業の経営トップの話を聞いていく。

 第5回は、フランスのパリに本部を置くエノキアン協会の代表を務めるWillem van Eeghen氏。老舗企業の国際組織であるエノキアン協会は、参加各国で毎年、総会を行っているが、今年は日本開催ということで、”代々続いてきた歴史的財産を未来に継承する優秀企業”に贈る「レオナルド・ダ・ヴィンチ賞」の授賞式を、9月24日、帝国ホテルで行った。Eeghenさんに、お話をうかがった。

「伝統こそ活力」という精神を広めていく

川島:エノキアン協会という存在が、日本ではあまり知られていないので、まずは協会の概要について教えていただけますか?

Eeghen:エノキアン協会が創立したのは1981年、目的は3つあって、①創立200年以上のフランス企業同士の相互理解と連帯の絆を強めること。②産業活力と伝統とは調和することを証明すること。③フランスの会員と同条件下の外国企業との協力関係をつくることです。会員企業がより良い有効関係を築くことによって「伝統こそ活力」ということを知らしめていくとともに、伝統の技術や家族の温もりといったものが経営においても必須であることを訴えること、優れた職人的技術を有する若い企業と連帯していくことも、狙いとしています。

川島:エノキアンとは、どういう意味を持った言葉なのですか?

Eeghen:エノキアンとは、エノクに住む人々という意味を持っています。『旧約聖書』によれば、アダムの孫でエノクという人がいて、365歳まで生き、史上初の都市の名前に付されたということです。そういった経緯から、歴史と伝統、その繁栄に因んで、エノキアン協会と命名したのです。

老舗企業の国際組織「エノキアン協会」の代表を務めるWillem van Eeghen氏。(写真:尾関裕士、以下同)

コメント0

「老舗に問う サステナブル経営の要諦」のバックナンバー

一覧

「「『伝統こそ活力』は世界共通」」の著者

川島 蓉子

川島 蓉子(かわしま・ようこ)

ifs未来研究所所長

ファッションという視点から、さまざまな分野の企業のブランド作りなどのプロジェクトにかかわる。日経MJ、ブレーン、読売新聞などで連載を持つ。2013年から現職。多摩美術大学非常勤講師。Gマーク審査委員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長