• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本の社会起業家の“育ての親”に聞く

ETIC. 代表理事 宮城治男さん【前編】

2014年11月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、注目の社会起業家には、NPO法人ETIC.の「卒業生」が多い。企業のスタートアップ、イノベーションの現場への若者人材コーディネート、社会起業家育成、コミュニティ展開事業サポートなど、ETIC.の事業は多岐にわたる。その陣頭指揮を約20年間にわたってとってきたのが、代表理事の宮城治男さんだ。長い間、起業家をサポートしてきた理由とは? 壮大な「縁の下の力持ち」話を物静かに語る宮城さんに、古市さんも聞き入った「特別編」をお届けします。

(中沢明子:ライター/出版ディレクター、本連載取材協力・構成)

古市:ETIC.の「卒業生」の起業家がたくさん育っていますね。この対談連載にも、HASUNAの白木夏子さんやクロスフィールズの小沼大地さんなどにご登場いただいています。

宮城 治男(みやぎ・はるお)
NPO法人ETIC.Haruo 代表理事
1972年徳島県生まれ。93年、早稲田大学在学中に、学生起業家の全国ネットワーク「ETIC.学生アントレプレナー連絡会議」を立ち上げる。2000年にNPO法人化、代表理事に就任。世界経済フォーラムヤング・グローバル・リーダーズに選出(2011)。ホームページはこちら。(写真:大槻純一、以下同)

宮城:(ニコニコしながら)ああ、そうでしたか。

古市:フローレンスの駒崎弘樹さんも有名な「卒業生」でいらっしゃいますよね。多くの社会起業家が育っていて、いろいろな場面でETIC.や宮城さんのお名前をお聞きするんです。

 だから、今回は特別篇として、ぜひ宮城さんにご登場いただきたかったんですよ。でも、宮城さんはあまり表だってお話しされないのですか。過去のインタビュー記事を検索したら、20年以上、アントレプレナー育成に尽力していらっしゃるのに、意外に記事が少ないように感じたんです。

宮城:私はそういうのがあまり得意じゃないものですから。

古市:表だって登場しない、でしゃばらない、というスタンスはポリシーでいらっしゃるんですか。

宮城:ポリシーというほどのことではありません。ただ、私はTwitterもFacebookもブログもやれてなくて。どちらかというと、ひっそりと陰から見ているほうが好きなんです(笑)。

古市:それは昔からですか。

宮城:昔からですね。だからむしろ、なぜ今、自分が「代表理事」なんてやっているんだろうな、と思います。さまざまな機会でたくさんの人を前に挨拶とかしなければなりませんし。

古市:それはそうでしょうね(笑)。なのに、今日は無理に頼んじゃった。ご登場くださって、本当にありがとうございます。

なぜ自分で起業してもうけようと思わないんですか?

古市:ところで、ETIC.は起業家、特に社会起業家を支援する団体ですが、ご自分でも起業家としてビジネスをして儲けようとか、社会起業家として社会に華々しい提案をしていこう、といった方向はお考えにならないのですか?

宮城:考えたことないです。そもそも今の仕事も大学時代に始めたのですが、いろいろおせっかいをしているうちに忙しくなってしまい、辞めるわけにはいかなくなっちゃった、というのが正直なところです。気が付いたら就職活動の時期が終わってしまっていました。

古市:それが1993年。

宮城:そうですね。最初は3人でやっていました。

古市:きっかけは?

宮城:その頃はまだ、キャリアの選択肢として起業が入っていなかったので、学生のサークル活動のような感じで、起業に関する勉強会をしていました。それが大学2年の時。

古市:なるほど、バブルは弾けていたとはいえ、当時は早稲田ぐらいの学生は大企業に就職するのが当たり前。

コメント0

「イマドキの社会学者、イマドキの起業家に会いにいく」のバックナンバー

一覧

「日本の社会起業家の“育ての親”に聞く」の著者

古市 憲寿

古市 憲寿(ふるいち・のりとし)

慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員

1985年東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員(上席)。大学院で若者とコミュニティについての研究の傍らIT戦略立案等に関わる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監