• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「5歳までのしつけや環境が、人生を決める」

ノーベル賞経済学者、ジェームズ・ヘックマン教授に聞く

2014年11月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5歳までの教育が、人の一生を左右する――。労働に関する計量分析手法を発展させた実績で2000年にノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマン米シカゴ大学経済学部特別教授はそう指摘し、近年、教育政策の分析に力を入れている。少子化に伴い、未就学児の幼児教育から受験まで、教育産業の囲い込み競争が過熱する日本。このほど来日し、「格差是正のためには、幼少期の子供とその親に対して働きかけをすることが大切だ」などと主張するヘックマン教授に、幼少期における教育のあり方と意味などについて聞いた。(聞き手は広野彩子)

人生でその人なりの成功を収めるうえで、「ケーパビリティー」を高めることの重要性を指摘されています。このケーパビリティーとは、やはりノーベル賞を受賞した経済学者アマルティア・セン米ハーバード大学教授が定義した「潜在能力」のことでしょうか。

ジェームズ・J・ヘックマン(James Joseph Heckman)氏
米シカゴ大学経済学部特別教授。1944年、米イリノイ州シカゴ生まれ。65年、コロラド・カレッジを優等の成績で卒業、数学の学位を取得。68年、米プリンストン大学から経済学修士号、71年に同Ph.D.(経済学)を取得。ニューヨーク大学、コロンビア大学などを経て77年からシカゴ大学経済学部教授。2000年、人が働こうとする時の意思決定など社会的なテーマに関する計量経済学的な分析を発展させたことにより、ノーベル経済学賞を共同受賞。格差に関係する社会・経済的な諸問題の根源に関する研究をライフワークとしてきた。
(写真:陶山勉)

ヘックマン:そうです。ケーパビリティー、すなわち「潜在能力」は、人生の様々な局面で自ら行動を起こしていく時に必要な、様々な能力を指します。言い換えると、人が社会の構造の中で効果的に「機能」を果たしていける能力ですね。我々が「知性」という時には、特定のタスクを継続できる能力も含みますが、それも重要な潜在能力の1つです。例えば発明家トーマス・エジソンは「天才は1%の才能と99%の努力だ」と言いましたが、タスクを継続する能力は、その「努力」に当たる部分です。(タスク継続につながる)忍耐強さや自己抑制力、良心は重要な潜在能力です。

人生を決定づけるのは「潜在能力」

 潜在能力は、IQ(知能指数)で測れるわけではありません。潜在能力は、(経済力など)資源の制約、情報量と社会的な期待、両親の情報と期待、そして本人の選好、という4つの要因から影響を受ける「非認知スキル」です。

ではIQは何を測っているのでしょうか。

ヘックマン:知能の一部を測り、抽象的な問題を解く能力を示します。IQを高めたければ、乳幼児期の働きかけが重要です。これまでの研究で、IQは人生の初期にかなり決まってしまうことを示しているからです。30歳の人のIQを変えるのは極めて難しいですが、生後3カ月からであれば変えることができます。

コメント12

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「「5歳までのしつけや環境が、人生を決める」」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官