• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第3回 年間500万トンを超える食品ロスを減らすには

File7 日本の食品ロス 井出留美

  • 高橋 盛男

バックナンバー

2014年11月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 家庭の食品ロスに目を向けてみよう。

 農水省の調査によれば、1世帯あたりの1日の食品使用量のうち食品ロス量は約40%を占めるという。また、家庭から出た生ごみの内容のうち、手つかずの食品が約22%を占めていたという京都市の調査もある。

 食品ロス削減は、食品業界にのみ課せられた問題ではない。消費者も取り組まねばならない課題なのである。

フードバンクとは?

2HJ広報室長を経て独立し、食と社会貢献の専門家として独立して活動する井出留美さん。(以下撮影:藤谷清美)

 買いだめしすぎない、食べ残すほど調理しない、食品期限表示の正しい理解などを、食品ロス対策を啓蒙する消費者庁などがPRしているが、そのひとつにフードバンクの活用がある。

 フードバンクは、生産・製造から消費までの間に出る食品ロス、すなわち賞味期限がまだ残っており、食べられるのに廃棄されてしまう食品を企業や個人に寄贈してもらい、食品を必要とする施設や生活困窮世帯などに分配する活動だ。アメリカでは1967年に始まり、今日では全土に普及している。

 日本国内では現在、約40団体がフードバンク活動を行っているそうだが、その草分けがセカンドハーベスト・ジャパン(略称2HJ)である。

 フードバンクを含め、食べるものに困った人が食品を受け取れる場所の数を都市で比較してみるとは、ニューヨークが1100カ所、シカゴが600カ所。これに対し東京は、2HJが唯一である。

「食品の提供先は、約3割が児童養護施設です。そのほかに、障害者支援施設や母子支援施設、元依存症の方の自立支援施設、生活困窮者向けの食堂など、届け先は多様です」

本誌2014年11月号では2050年、90億人時代に向けた特集「捨てられる食べ物」を掲載しています。世界での状況を紹介したWebでの記事はこちらです。ぜひあわせてご覧ください。

コメント4件コメント/レビュー

世の中には、貧困から食べられない人、生産が上手くいかず食べられない人がたくさんいます。家に賞味期限が2年前に切れた乾麺(うどん)などがありますが、全く問題なく食べられました。また、先日冷蔵庫の中に賞味期限が1年前に切れたマヨネーズがあり、口が開いているので分離が始まっていましたが、分離していない部分は問題無く食べられました。賞味期限を気にするよりも、自分の舌で賞味期限を確認した方がよいと思います。食品売り場で賞味期限の日付が新しいものを漁っている人を見ると情けなくなります。食べられない人のことを考えたことがないのでしょうか?(2014/11/20)

「インタビュー 日本の食の未来」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

世の中には、貧困から食べられない人、生産が上手くいかず食べられない人がたくさんいます。家に賞味期限が2年前に切れた乾麺(うどん)などがありますが、全く問題なく食べられました。また、先日冷蔵庫の中に賞味期限が1年前に切れたマヨネーズがあり、口が開いているので分離が始まっていましたが、分離していない部分は問題無く食べられました。賞味期限を気にするよりも、自分の舌で賞味期限を確認した方がよいと思います。食品売り場で賞味期限の日付が新しいものを漁っている人を見ると情けなくなります。食べられない人のことを考えたことがないのでしょうか?(2014/11/20)

全ての加工食品の値段を10倍にすれば・・・。(2014/11/20)

ひとつひとつが極めて重要な提言であったと思います。昔の生活に戻りなさいとは言いませんが、「食」に関しては昔の生き方の長所を踏襲していただきたいのです。極論ですが、今の時代の人々の感覚は、テーブルに座れば希望する食べ物が、自動的に目の前に運ばれてくることが当然だとしています。野菜、魚、肉などの食材を自分で直接見て、できれば包丁を使い、味付けをして、口に運んで納得するという基本的な生き方を多くの人々は放棄しています。だから食品が無駄に捨てられても無関心になることができるのではないでしょうか。(2014/11/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長