• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「整合性の重要さ」を疑うのが、知性です。

糸井重里さま編 第1回

2014年11月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント4件コメント/レビュー

デザイナーです。拝読しながら、そういえば、理論武装した推し案よりも遊びながら作った捨て案の方が採用される確率が多いな、と思い返しました。何か伝わるものが違うのでしょうか?(2014/11/27)

「澤本嘉光の「偉人×異人」対談」のバックナンバー

一覧

「「整合性の重要さ」を疑うのが、知性です。」の著者

澤本 嘉光

澤本 嘉光(さわもと・よしみつ)

CMプランナー

1966年、長崎県生まれ。東京大学文学部卒業後、電通に入社。カンヌ国際広告祭賞など内外の受賞多数。2007年に始まったソフトバンクモバイル「白戸家シリーズ」は5年目に突入し、いまや国民的CMに成長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

清野 由美

清野 由美(きよの・ゆみ)

ジャーナリスト

1960年生まれ。82年東京女子大学卒業後、草思社編集部勤務、英国留学を経て、トレンド情報誌創刊に参加。「世界を股にかけた地を這う取材」の経験を積み、91年にフリーランスに転じる。2017年、慶應義塾大学SDM研究科修士課程修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

デザイナーです。拝読しながら、そういえば、理論武装した推し案よりも遊びながら作った捨て案の方が採用される確率が多いな、と思い返しました。何か伝わるものが違うのでしょうか?(2014/11/27)

ほぼ日の商品は、人肌プロダクツである秘密がよくわかる第1回目でした。 「ほぼ日」は「商品」ではなくて、「友達に譲るもの」を作っていて、それをお金と交換している。- 物々交換が大変な時に、「じゃあ、お金でいいよ」改めて、糸井さんの、的確に説明してくるチカラは、ほとんどうなずくことばかりの内容で、今日のダーリンを毎日書き続けることから生まれてくるんだろうなぁ。 そして、澤本さんの、糸井さんに会うドキドキが微笑ましかったです。次回も期待してます。(2014/11/27)

”「整合性の重要さ」を疑うのが、知性です。”と言う言葉が唯の売り文句にしか聞こえないと思うのも知性ですか。私は広告から自分を守る為の重要な知性だと思います。(2014/11/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長