• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

マグロに学ぶ「稼ぐ知力」の極意

近畿大学水産研究所長・宮下盛

2014年11月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2014年、絶滅危惧種に指定された魚の王様、クロマグロ。宮下盛・近畿大学水産研究所所長が卵から人工で育てる「完全養殖」に成功して10年余が経過し、大手商社などとタイアップした事業化も順調に進む。象牙の塔に閉じこもらず、学術研究を社会に役立てる極意は何か。宮下の取り組みから「稼ぐ知力」のヒントが見えてきた。

クロマグロの「完全養殖」に成功した宮下氏(写真:山田 哲也)

 「あいつらは商売人。研究者の片隅にも置けない」。1980年代初頭、ある学会に出席した宮下は、他の大学関係者が休憩中のトイレで漏らした一言が今でも忘れられない。

 当時、宮下はマグロの養殖研究を続けるも、卵からふ化しても60日、体長8cmにも満たずに相次いで死んでいった稚魚に頭を抱えていた。82年から11年間は産卵自体が途絶えてしまい、研究は存亡の危機にさらされる。

他大学の研究者は「商売人」と蔑んだ

 国の支援は望めず、当時、関西圏でトップグループの「関関同立」(関西、関西学院、同志社、立命館の4大学)に次ぐ「滑り止め」に甘んじていた近大は財政的にも余裕が乏しい。宮下は研究費を工面するために、自らが養殖したマダイ、ハマチを大阪の水産市場などに自ら売り歩いた。これを他大学の研究者は「商売人」と蔑んだ。

 しかし宮下は、ここで研究を続けるヒントを探し当てる。「私たちが稼いだお金なんだから、逆に言えば胸を張って使っていいんだ」。宮下は高級寿司店などで人気のマダイ、シマアジなどを多く販売する戦略に打って出た。

 宮下が常駐する水産研究所は温暖な和歌山・串本にマグロ用の生け簀がある。「マグロが生まれてこないのは水温が原因ではないのか」。南から黒潮の流れる串本は夏と冬で水温が5度以上開く。こう考えた宮下は相前後して、奄美大島に研究施設を立ち上げる。建設費用は5億円規模。「すべてウチで育てたマダイ、シマアジの稚魚を販売した利益で建てた」。

様々な壁が立ちふさがったマグロの人口養殖(写真:菅野 勝男)

 稚魚が安定して獲れるようになった6年ほど前、商社や水産業者に協業を呼び掛けた。難色を示す企業が相次ぐ中、社内ベンチャーを通じて稚魚の育成を共同で手掛けることになったのが豊田通商だ。近大単独では年間4万尾程度だったのが、豊通との連携で10万尾体制になった。「規模の経済性」がはたらき、エサ代などのコストを抑えることが可能になった。

「日本の革新者2014」のバックナンバー

一覧

「マグロに学ぶ「稼ぐ知力」の極意」の著者

清水 崇史

清水 崇史(しみず・たかし)

日経ビジネス記者

98年早稲田大学大学院修了、通信社を経て日本経済新聞社に入社。証券部で機械・プラント、海運・空運などを中心に取材。2013年4月から日経BP社に出向。総合商社、金融マーケットを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長