• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リニアの「速さ」は、出張には中途半端かも?

時間価値が変える企業と働き方、暮らし方の未来

2014年12月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

企業行動や消費者の行動を「時間価値」という観点から読み解くと意外な未来が見えてくる。IT、ことに携帯情報端末の進化と普及は、人間の「時間」を大きく変えつつある。5分、10分の「すきま時間」が大きな価値を生むようになり、思考や働き方、ライフスタイルに影響を及ぼしつつある。時間価値から導かれる人間の創造性はどのような形になっていくのか。フロンティア・マネジメント代表取締役の松岡真宏氏に聞いた。

(聞き手は秋山 知子)

松岡 真宏(まつおか・まさひろ)
東京大学経済学部卒。野村総合研究所、UBS証券を経て産業再生機構でカネボウ、ダイエーの再生計画策定を担当。2007年にフロンティア・マネジメント株式会社を設立し、共同代表に就任。著書に『小売業の最適戦略』(日本経済新聞出版社)、『百貨店が復活する日』(日経BP社)、『問屋と商社が復活する日』(日経BP社)など。(写真:都築 雅人)

松岡さんの近著『時間資本主義の到来』(草思社)では、「時間価値」に着目することでマーケティングや社会の未来予測、あるいは個人の働き方やライフスタイルまで、どうなりつつあるのかが見えて、様々なイメージが広がる思いでした。この本は、日経ビジネスオンラインの連載「時間資本主義の時代」をベースにしたものなので、詳しくはそちらも参照していただくとして。

 まず、IT(情報技術)の発達によって、以前は使い道がなかった数分間の短い「すきま時間」でも、スマホで買い物もできればメールの返信もでき、時間の効率化や快適化が図れるようになりました。ある程度まとまった「かたまり時間」に対して、「すきま時間」の価値が急激に上昇してきたと指摘されています。確かに人間の行動は大きく変わりつつあるなと実感します。

松岡:将来的に、時間は「すきま時間」の積み重ねでしかなくなるんじゃないかと思うんですね。例えば、こうしてお話をしている最中でも、携帯端末があれば、部下からの経費申請の承認ボタンを押し続けることは可能ですよね。その瞬間、瞬間で相手がランダムに変わっていくすきま時間がたまたま60秒積み重なったら1分になり、60分積み重なったら1時間になるというように、時間がより小さい原単位に変わっていくんだろうなという気がしています。

前から思っていたことがあるんですが、メールは元来、非同期のコミュニケーションツールでしたよね。パソコンからメールを使うようになった人、例えば仕事でずっとパソコンを使う環境にあるママ友は、メールの返信はおおむね、それほど速くないんです。ところが最初からパソコンではなく携帯メールでやってきているママ友は、瞬時に返信するのが当たり前の人が多い。今はメッセージアプリでさらにリアルタイムに近づいていて、すきま・すきまのコミュニケーションが普通になってきている。

 子供はさらに、メールすらあまり使いません。知人の中学生のお嬢さんは友達と一晩に200回以上LINEでメッセージをやり取りしている。当然、睡眠時間が足りないので学校の「すきま時間」に寝る。宿題をやる間もスマホをそばに置いて、LINEの合間のすきま時間に宿題をやるような状況で、主客転倒になっているのはやはりまずかろうと思うんですが。

松岡:ただ、世の中って機器がどんどん発達してきて人間はそれに順応してきてますよね。昔は、主婦はかまどの火を起こせなきゃダメで、できないとけしからんと言われた。でも今はそんな必要はない。世の中が変わっていっても人間は対応できるはずですよね。特に我々の子供世代は最初からスマホがあって、その環境に順応してきているはずなので、我々の価値観でそれをけしからんというのはどうなんだろうと最近思いますね。

コメント8

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「リニアの「速さ」は、出張には中途半端かも?」の著者

秋山 知子

秋山 知子(あきやま・ともこ)

日経ビジネス副編集長

1986年日経BP社入社。日経コンピュータ、日経情報ストラテジー、日経アドバンテージ、リアルシンプル・ジャパンの編集を担当。2006年から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック