• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【三浦雄一郎】「人間は150歳まで生きられる」

最高齢エベレスト登頂者が挑む“攻めの健康”

2015年1月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 戦後70年――。今年、私たち日本人は、また1つの節目を迎えます。

 日経ビジネスオンラインでは、特別企画として戦後のリーダーたちが未来に託す「遺言」を連載していきます。焼け野原から輝ける時代を築いた当事者たちの言葉には、若い世代が持ち得ない強靭な視座があります。

 第2回は、登山家の三浦雄一郎氏の「遺言」。80歳でエベレスト登頂に成功し、世界最高齢登頂者となった三浦氏は、次の目標を85歳でヒマラヤ8200m地点からのスキー滑降と掲げて挑戦を続けています。

 この連載は、日経ビジネス本誌の特集「遺言 日本の未来へ」(2014年12月29日号)の連動企画です。本誌特集では、戦後リーダー34人にご登場いただきました。

攻め続ける登山家
三浦 雄一郎(みうら・ゆういちろう) プロスキーヤー、登山家。1970年、世界で初めてエベレストの8000m地点からスキーで滑降。第39代米大統領ジミー・カーター氏はこれに共感し、三浦氏のファンに。2003年に70歳、2008年に75歳、2013年に80歳でエベレストに登頂。自身の世界最高齢登頂者の記録を更新すべく、通販で買った片足1.4kgのトレーニングシューズで体を鍛える。1932年10月生まれ。(写真:千倉志野、以下同)

 最近は、登山に挑戦したり、山岳部に属して山に挑んだりする絶対数が少なくなっています。確かに登山は、ある意味じゃあ非常に危険なきついスポーツですからね。そういう意味ではある種のチャレンジ精神が薄れている世代になりつつあるんじゃないかな。

 ただ、そんな世の中でも山に挑む若い連中を見ていると、みんなテクニックや技術は素晴らしいよね。トップクラスの登山家は、今も昔と全然変わらないどころか、もっとすごい。

 例えば、2013年に僕と一緒にエベレストに登った平出(和也)くんは、登山家の金メダルと言われるゴールデンピッケル賞をもらっていますし、冒険山岳カメラマンとしても一流。

 僕が必死にエベレストにしがみついているところを、自分の庭みたいに跳び回っている(笑)。そういう意味では、新しい世代が次々に生まれているんでしょうね。

 登山家だけじゃありません。国際的な評価を見ても、オリンピックのメダリストやノーベル賞の受賞者、国際的な学術関係のトップクラスの受賞者たちは、僕らの年代と比べてケタ違いに増えています。

 僕らの時代はノーベル賞なんて、遠くて遠くて。日本人が一生取れるものじゃありませんでした。湯川秀樹さん以外、自分が生きているうちに取れる人はいないんじゃないかと思っていたら、みなさんどんどん受賞していますよね。

 もちろん、単にノーベル賞を取ればいいというものじゃないでしょう。けれど科学のほかに、スポーツでも世界のトップを争うようになってきている。うれしいですね。

 僕のこれまでの挑戦を振り返っても、日本人というのは、戦後の日本の復活とともに成長してきたのではないかと思います。

コメント7件コメント/レビュー

高齢者が頑張ると若い方のチャンスを奪って社会が衰退する,という意見をよく聞くが,組織の中での世代交代は定年制等で問題なく行われているわけであり,正しい意見とは思わない.三浦氏の主張は,要は普通人としてそれぞれの夢や希望を失わないで積極的な健康維持を図り,自分のことは自分で出来るように努力しましょう,ということだと思います.物理的に高齢となっても歳をとったと思わないことが大事で,歳をとったと思うとつい楽をしようと思い,身体を動かさなくなり,衰退を始めることになるからです.社会に迷惑をかけない生き方は勿論ですが,世のため人のためにそれぞれの立場で何が出来るかを最後まで追求する生き方が求められ,そうした生き方が人間としての幸福な生き方に通じてゆくのだと思います.(2015/03/28)

「戦後70年特別企画 遺言 日本の未来へ」のバックナンバー

一覧

「【三浦雄一郎】「人間は150歳まで生きられる」」の著者

日野 なおみ

日野 なおみ(ひの・なおみ)

日経ビジネスクロスメディア編集長

月刊誌「日経トレンディ」を経て、2011年から「日経ビジネス」記者。航空・運輸業界や小売業界などを担当。2017年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

高齢者が頑張ると若い方のチャンスを奪って社会が衰退する,という意見をよく聞くが,組織の中での世代交代は定年制等で問題なく行われているわけであり,正しい意見とは思わない.三浦氏の主張は,要は普通人としてそれぞれの夢や希望を失わないで積極的な健康維持を図り,自分のことは自分で出来るように努力しましょう,ということだと思います.物理的に高齢となっても歳をとったと思わないことが大事で,歳をとったと思うとつい楽をしようと思い,身体を動かさなくなり,衰退を始めることになるからです.社会に迷惑をかけない生き方は勿論ですが,世のため人のためにそれぞれの立場で何が出来るかを最後まで追求する生き方が求められ,そうした生き方が人間としての幸福な生き方に通じてゆくのだと思います.(2015/03/28)

こういう方は一般の人と比べて、生まれ持った生命エネルギーというか、熱量というか、聖闘士星矢でいうところの小宇宙(コスモ)の量がずば抜けて巨大なんでしょうか?それとも、生まれ持った物はそれほど変わらないが、環境や、めぐり合わせ、生活習慣の好循環の結果、こういうことをできる人間になったのでしょうか?(2015/01/06)

私の父は三浦氏と正反対で脳梗塞が軽かったにもかかわらずリハビリをやる気も失い結局半身不随の寝たきり生活に。本人のQOL低下はもちろんであるが、周囲の多大な労力に医療介護費用を合わせればその社会的コストはいかばかりか。人間は年老いても社会の負担にならぬよう必死に生きなければならぬ、かく思う次第である。(2015/01/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表