• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【草食化やむなし】現代男性には600万年分の疲れが出ている!?

早稲田大学人間科学学術院教授の山内兄人氏に聞く

2015年1月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人口減少、労働力不足という日本の危機を救う切り札として期待されている女性活用。既に様々な分野で、女性の活躍が今まで以上に目立ちつつある。一方で、気がかりなのが、企業の現場を中心に「最近の男性は元気がない」という声が上がり始めていることだ。

 日経ビジネスが2014年末、企業の人事担当者などを対象に実施した調査では、全体の71%が「男性より女性の入社希望者の方が優秀」と回答。若い世代のみならず、中高年でも“男性弱体化”が進んでいる傾向も判明した(詳細は、日経ビジネス1月12日号スペシャルリポート「もっと男性『喝』用」)。

 そんな中、「学術的に見ると、現代男性に疲れが出ているのは致し方のないこと」と指摘する専門家がいる。どんなに女性が頑張っても、社会を支えるもう一方の柱である男性が不甲斐なければ、日本は危機を回避できない。男性弱体化の原因や、女性の強さの秘密を聞いてきた。

聞き手は鈴木信行

山内兄人(やまうち・これひと)
1971年早稲田大学教育学部理学科生物専修卒業。1972年順天堂大学医学部第二解剖学教室助手。1980年医学博士(順天堂大学)。1987年早稲田大学人間科学部助教授。1992年早稲田大学人間科学学術院教授

社会の様々な分野で女性の活躍が目立ちつつある一方で、「最近の男性は元気がない」という声が企業の現場から上がり始めています。専門家の中には、「女性は男性よりストレスに強い生き物で、生物学的には、今のような厳しい労働環境での仕事は女性の方が向いている」という指摘をする人もいます。

山内:僕は神経生殖内分泌学が専門であって、ストレスのプロではないので、その点については、正しく理解しているかどうか自信がありません。そもそもストレスというもの自体、曖昧に使われていて、その本質はまだ十分に解明されていないと僕は考えています。例えば、ストレスを生じさせるものはストレッサーと言いますが、同じ現象でもAさんには強いストレッサーになるものが、Bさんには何の影響も与えない、などということが頻繁にあります。また、ストレッサーは必ずしも本人が「嫌だ」と思うことだけではありません。

労働強化の中で鮮明になる「ストレスに弱い男性と強い女性」

そうなんですか。

山内:脳の機能の容量以上に頭を使ったり、体を動かしたりすると、脳の働きが鈍くなり、自律神経の働きが低下して、心身に異変が発生する。これがストレスだと僕は解釈しています。つまり、本人は「楽しい」と思っていることでも、結果として自律神経に悪影響を及ぼせば、ストレッサーになり得る。要は、何がストレッサーになり、そのストレッサーがどの程度のマイナス作用をもたらすかは、人間一人ひとりで千差万別なんですね。そんな前提に立つと、「女性の方が男性よりもストレスに強い」と大きな括りで語ることは難しいのではないかと思います。

しかし、日経ビジネスが2014年末、企業の人事担当者を対象に実施した調査の結果を見ると、「ストレスやプレッシャーに弱い現代男性と、逆に強い女性」という構図が明確に浮かび上がっています。

コメント0

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「【草食化やむなし】現代男性には600万年分の疲れが出ている!?」の著者

鈴木 信行

鈴木 信行(すずき・のぶゆき)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス、日本経済新聞産業部、日経エンタテインメント、日経ベンチャーを経て2011年1月から日経ビジネス副編集長。中小企業経営、製造業全般、事業承継、相続税制度、資産運用などが守備範囲。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長