• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「今年は第4次産業革命の元年。乗り遅れたら未来はない」

一條和生・一橋大学大学院国際企業戦略研究科長が鳴らす警鐘

2015年1月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2015年が始まって早くも1カ月が経とうとしています。原油安に伴ってロシア経済が混乱し、ギリシャの反緊縮政権の発足によって欧州危機への懸念が再浮上するなど、世界経済の行く手には暗雲が立ち込め始めています。

 そうした中、今年は企業にとってどのような年になるのでしょうか。また、経営の最重要課題として何に取り組むべきなのでしょうか。国内外の企業経営の動向に詳しい一條和生・一橋大学大学院国際企業戦略研究科長に伺いました。

 なお、日経ビジネスPLATINUM会員になられた方は、専用サイトで今回のインタビューの全容を動画でご覧いただけます。

(聞き手は、中野目 純一)

2015年は日本企業にとって節目の年なのでしょうか。

一條:節目、勝負の年でしょう。昨年は、(安倍晋三政権の経済政策である)アベノミクスによって、日本企業が再び活力を取り戻して大きく成長していくための土台、環境が作られました。では、その中で日本企業は新たに大きく成長できるのか。今は世界中が注目しているところだと思います。

一條 和生(いちじょう・かずお)氏
一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。1958年生まれ。82年一橋大学社会学部卒業。87年同大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得満期退学。95年米ミシガン大学大学院経営学研究科でPh.D.を取得。一橋大学大学院社会学研究科教授などを経て2007年4月から現職。2014年4月から研究科長を務める。スイスIMD教授を兼務。専門は経営組織論、イノベーション、知識創造理論(写真:ネットレコーダー・ソリューションズ、以下同)

 ですから、まさにアベノミクスの3本の矢の3本目が今年は大きく放たれないといけない。もし今年に何も起こせなければ、結局いろいろ条件は整ったけれども、日本企業はまだマインドセットを変えられていない。チャンスをつかむためにアグレッシブにどんどん新たな挑戦をしていこうということができないと見られてしまうと思います。そうした意味で今年は非常に大きな重要な勝負の年だと思っています。

 特に最近、経営の世界でキーワードとして言われている言葉に、「リジリエンス」があります。日本語に訳すと、回復力や復活力。一度ダメだったのが、ぐわーっとここでもう一度再び活力を取り戻して大きく伸びていく。そうした現象を指します。

 まさにそれができるかどうかが、日本企業の大きな課題だと思うんですね。もし今年、日本企業の新たな成長エンジン、成長の姿を見せられたら、日本企業にはリジリエンスがあるということを世界に示すことができます。

インダストリー4.0に乗り遅れたら致命的

「回復」ということで言うと、バブル崩壊以降、ずっと回復、まさにリジリエンスというのが日本企業にとってテーマだったと思いますが、なかなか日本国内にも世界に対しても、そういう回復の姿を見せてこられなかった。なぜこれまではできなかったのでしょうか。

一條:新しいビジネスのインフラストラクチャー、モデルといったものをまだまだつくることができなかったということだと思います。依然として、今までの問題だったことを直す、そうした修正過程にとどまっていた。

 ですが、これからがまさに大きな飛躍の時であって、それをできる環境が整ってきていると思います。それを活用しないと、日本企業のさらなる大きな飛躍はあり得ないと思いますね。

コメント2件コメント/レビュー

24人中22人が知らないと言うのが今の日本の経営者の知識レベルだと思います。結局旧来のやり方でたまたまうまくいったため、それしか知らない人間が経営権を握って同じことを繰り返すことで、時代遅れになっているだけです。(2015/01/30)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「「今年は第4次産業革命の元年。乗り遅れたら未来はない」」の著者

中野目 純一

中野目 純一(なかのめ・じゅんいち)

日経ビジネス副編集長

2012年4月から日経ビジネス副編集長。マネジメント分野を担当し、国内外の経営者、クリステンセン、ポーター、プラハラードら経営学の泰斗のインタビューを多数手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

24人中22人が知らないと言うのが今の日本の経営者の知識レベルだと思います。結局旧来のやり方でたまたまうまくいったため、それしか知らない人間が経営権を握って同じことを繰り返すことで、時代遅れになっているだけです。(2015/01/30)

熱っぽく語っておられるが、IT4.0の何がそんなにすごくて必ず取り入れなきゃならないものなのか、最後まで結局わからなかった。ITに関して言えば、確かにPC、スマホの普及は社会のさまざまなスタイルを大きく変化させた。だが、革新は常に余計なスラックを本質を阻害するほど発生する。例えば、PCの導入によって企画書は飛躍的にきれいになったが、内容よりも体裁に多くの時間が割かれるという副産物を生んだ。役員に対する説明の事前チェックで、残業までしてレイアウトやら色彩やらに注文を受けるというおろかな業務風景は、おそらく私のいた会社だけではなかろう。また、アメリカでもドイツでもItoTは新たな手段のひとつであって、彼らの創造のコアコンピタンスは別のところにあるのではないだろうか。(2015/01/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長