• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ネスレが“栄養療法”で高齢化市場を攻める

スイス本社のヘルスサイエンス部門トップに聞く

2015年2月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

食品世界最大手ネスレが、「栄養」を切り口に、健康寿命の延長に挑んでいる。栄養補助食品で病気からの回復を促進するほか、アルツハイマーなどの治療に生かそうとしている。関連企業の買収などにも積極的で、新市場の掘り起こしに力を注いでいる。事業を統括するネスレヘルスサイエンスのグレッグ・べアール CEO(最高経営責任者)に話を聞いた。(聞き手は大竹剛)

ネスレはここ数年、「薬」と「食品」の中間とも言える市場を積極的に攻めています。まず、これまでの歩みを教えてください。

べアール:ネスレは2011年に、ネスレヘルスサイエンスという別会社を設立し、この市場への参入を表明しました。その時に掲げたビジョンが「栄養がセラピー(治療)になる」というもので、それは今も変わっていません。栄養療法によって、患者がより健康でいられるように支援するというものです。

グレッグ・ベアール
ネスレヘルスサイエンスCEO(最高経営責任者)
1969年生まれ。仏INSEADでMBA。スイス連邦工科大学ローザンヌ校(エPFL)で修士。1995~2000年までスイスとブラジルのネスレで働いた後、2002年からスイスのノバルティスファーマや独べーリンガーインゲルハイムなどを経て、2014年7月にネスレヘルスサイエンスの次期CEOに指名される。同年10月から現職。(写真:陶山勉)

 ただし、ビジョンは変わっていませんが、そのビジョンを達成するための行動は進化してきました。

 今、ネスレヘルスサイエンスの事業領域は、主に3つに分かれています。

 1つが、消費者向けの商品で、これは消費者自身がドラッグストアなどの小売店で買うことができる栄養食品です。高齢化が進む日本はいうまでもなく、先進国ではいかに健康寿命を伸ばすかが大きな課題になっています。そのため、この領域では特に健康的に年をとっていけるような食品の開発に注力しています。

 2つ目が、医療機関向けの栄養食品で、病院などで使われているものです。ガンから肥満、アレルギーまで、既に実際の治療にたくさんの製品が使われています。そして3つ目が、ここ3年ほどで急速に進化している、治療目的の新たな栄養食品の分野です。アルツハイマーといった特定の病気の治療に生かせる栄養などについて、臨床試験を行っています。

アルツハイマーから漢方薬までベンチャーと提携

 2011年以降、ネスレヘルスサイエンスはこれらの分野について積極的に投資をしてきました。企業買収だけではなく、パートナーシップを組んだりジョイントベンチャーを設立したりしています。これまで、先天性代謝異常を研究している英国企業を買収したり、アルツハイマーなどの研究を進めている米国企業に出資したりしてきました。また、漢方薬を手がける中国企業とジョイントベンチャーも設立しています。

 そして、昨年末には2つ、重要な投資を行いました。1つは、マイクロバイオーム(人体に棲む微生物叢)で業界をリードする米国の会社に6500万ドル(約77億円)を投資したほか、ヘルスケア分野の英ベンチャーキャピタルと提携しました。これまで、総額でどれだけ投資をしてきたかは開示できませんが、ネスレがヘルスケア分野に大きく舵を切っていることは確かです。

コメント1

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「ネスレが“栄養療法”で高齢化市場を攻める」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック