• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大川小の真実「検証方法変えないと解明は困難」

7年経った今も、悲劇の真相はうやむやに

2018年3月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東日本大震災の津波により大きな被害を受けた石巻市立大川小学校の校舎。先月、33年の学校の歴史に幕を下ろす閉校式が行われ、校舎は「震災遺構」として保存される(写真:PIXTA)

裏山は生徒にとって馴染みのある場所だったはず

 東日本大震災から7年。筆者は震災以降、被災地では主に、学校管理下で児童74人、教職員10人が津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の惨事を取材してきた。

 新北上川を遡上してきた“川津波”と海岸から押し寄せた津波がぶつかるように小学校を襲ったのは、地震発生から約50分後の午後3時37分頃のこと。校長は不在だった。

 学校現場からの生存者は、わずかに児童4人と教員1人のみ。いまなお、行方不明のままの子どもたちもいる。

 子どもたちが待機していた校庭のすぐ裏手には、小走りなら1~2分で逃げられる山があった。その山には、かつて子どもたちがシイタケを栽培していたり、授業で使われたりしたことのある平坦な場所もあった。

 あの日、学校にいた子どもたちは1メートルも山に登ることなく、なぜ津波に巻き込まれたのか。児童の遺族たちは、唯一生き残ったA教諭から、我が子の最後の様子を聞きたい、何があったのかを知りたいと、ずっと望んできた。しかし、真相の核心を握るA教諭が保護者の前で自ら説明したのは、震災1カ月後の第1回保護者説明会のときのみで、質問も遮られた。以来、7年経った今も、その真相は、うやむやなままだ。

最初に出会ったのは、教員側の遺族のほうだった

 2014年3月から続いている児童の遺族が市と県を相手に損害賠償を求めている裁判も、1審の判決では、学校側の過失を一部認めたものの、現在の控訴審に至るまで、唯一学校側の職員として生き残ったA教諭の証人尋問は見送られてきた。今年4月26日には控訴審の判決も下されるが、真相の核心は見えてこない。

 大川小に関わったのは、偶然のいきさつだった。震災直後から石巻市に入っていた筆者は、大川小の惨事の噂を聞き、4月初頭に被災校舎を訪ねた。

コメント28件コメント/レビュー

 大川小学校の問題は、当初から大いに関心を持っていた。関係する記事を見ての感想ではあるが、教育行政の劣化、管理と規制強化の弊害。上司の同意がなければ何も決定出来ない行政組織の在り方や、責任を取らない公務員の生き方。間違いを認めない官公庁の姿勢。原則と例外の使い分けの出来ない組織人間の出現など、余りにもお粗末すぎて、犠牲になった子供たちが可愛そうに感じてならないのである。ツイッターでも持論を披露しているが、津波被災地で判断力未熟な子供たちを預かる教師として、津波避難地区に入っていようがいまいが、津波対応を身に付けておくべきじゃなかったのか?まして過去に経験したことのない様な大地震だったのなら、高台に登るべきじゃなかったのか?まして5年生はシイタケ栽培で何度も登っている裏山なのに。そして「ここにいたら死んでしまう」と訴えた子供や、迎えに来た父兄の話に何故耳を貸さなかったのか?指揮を執った教職員の行動には、疑問を超えて腹だたちさを覚える。責任がとれない人間を作り上げてきた組織。そしてその非を認めない組織の問題だと思う。(2018/03/24 22:20)

オススメ情報

「20110311144618.1 あの瞬間とわたし」のバックナンバー

一覧

「大川小の真実「検証方法変えないと解明は困難」」の著者

池上 正樹

池上 正樹(いけがみ・まさき)

ジャーナリスト

通信社勤務を経て独立し、フリーのジャーナリストとなる。東日本大震災や、冤罪問題、引きこもり問題などを中心に取材・執筆活動を展開している。著書多数。東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 大川小学校の問題は、当初から大いに関心を持っていた。関係する記事を見ての感想ではあるが、教育行政の劣化、管理と規制強化の弊害。上司の同意がなければ何も決定出来ない行政組織の在り方や、責任を取らない公務員の生き方。間違いを認めない官公庁の姿勢。原則と例外の使い分けの出来ない組織人間の出現など、余りにもお粗末すぎて、犠牲になった子供たちが可愛そうに感じてならないのである。ツイッターでも持論を披露しているが、津波被災地で判断力未熟な子供たちを預かる教師として、津波避難地区に入っていようがいまいが、津波対応を身に付けておくべきじゃなかったのか?まして過去に経験したことのない様な大地震だったのなら、高台に登るべきじゃなかったのか?まして5年生はシイタケ栽培で何度も登っている裏山なのに。そして「ここにいたら死んでしまう」と訴えた子供や、迎えに来た父兄の話に何故耳を貸さなかったのか?指揮を執った教職員の行動には、疑問を超えて腹だたちさを覚える。責任がとれない人間を作り上げてきた組織。そしてその非を認めない組織の問題だと思う。(2018/03/24 22:20)

未曽有の大震災が起きた瞬間何が出来たのでしょうか?
今後は出来るようにしなければなりません、それは賛成です。

A先生ばかりではなく、訴えていらっしゃる親御さんは、その日その時どういう行動をされたのでしょうか?
嫌味ではなく聞いてみたいものです。(2018/03/23 00:06)

校長が不在だったというが、命令系統が機能しないと何も出来ないような、とっさの判断ができず、誰かが言い出さないと名にもできないような教師たちに付き合わされた生徒が不憫。(2018/03/18 20:59)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

一番問題なのは、保護貿易主義が世界に広がりつつあることです。

林田 英治 JFEホールディングス社長