• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

石原慎太郎氏:今、明かす「天罰発言」の真意

「いつから日本人は自分のことだけ考えるようになったんだ」

2018年3月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東日本大震災が発生から7年が経過した。石原慎太郎氏は当時、東京都知事として東京消防庁ハイパーレスキュー隊の派遣を指示したり、震災がれきの受け入れをいち早く表明したりするなど、被災地の復旧に大きく貢献した。一方で、いわゆる「天罰発言」で批判も浴びた。当時の自分の言動を、石原氏本人は今、どう総括するのか。自宅を訪ねた。

(聞き手 坂田亮太郎)

震災の直後、石原都知事は東京消防庁のハイパーレスキュー隊を現場に派遣しました。

石原:きっかけは、当時の菅直人総理の補佐官を務めていた阿久津(幸彦氏、現立憲民主党衆院議員)くんからの電話だった。彼は、私が代議士をしていた時代に公設秘書を長く務めていたこともある。その彼から、「福島第一原発の原子炉を冷却するために、一刻も早く注水しなければならない。(東京都の)警視庁には強力な放水機能を持つ車両があるから、動員してほしい」と要請があった。

石原慎太郎(いしはら・しんたろう)氏
1932年兵庫県神戸市生まれ。52年一橋大学入学、在学中に「太陽の季節」で芥川賞を受賞。68年参議院全国区に出馬しトップ当選。72年参議院議員を辞職。衆議院選挙に旧東京2区から無所属で出馬して当選。76年環境庁長官に就任。87年竹下内閣で運輸大臣に就任。95年議員勤続25年の表彰を受けたその日に辞職を表明。同年、芥川賞選考委員になる。
99年東京都知事選挙に出馬し初当選。2003年史上最高の得票率で再選。07年三選。11年四選。12年に都知事を辞職。
12年「日本維新の会」代表に就任し、衆議院議員とし17年ぶりに国政に復帰。14年「次世代の党」最高顧問に就任。14年政治家を引退(写真:村田 和聡)

 それを聞いて怪訝に思ったね。確かに、警視庁は強力な放水機能を持つ放水車を持っている。でもそれは、暴徒を蹴散らすために水を水平に飛ばすようになっている。そのような車両が、原子炉を冷却するような任務に向いているのか、甚だ疑わしい。それで「冷静に判断してほしい」とたしなめたんだ。

 それを聞いて官邸も考えたんでしょう。その後、高層ビルの火災の際に使うような、高いところに放水できる能力を持つ消防車を動員してほしい、と再度要請された。

 そう言われて、私は重い決断をしなければならなかった。

 当時、現地の状況は全く分からない状況だった。壊滅した原子炉から、どれほど多量の放射能が漏れているかも分からない。そんな危険な現場に、レスキュー隊を派遣したら、死者がでるかもしれない。若い隊員が被爆したら、その人の子孫にまで影響が出てしまうかもしれない。しかし、自分が行くわけにもいかない。過酷な現場できちんと任務を遂行するためには、訓練された隊員に任せるしかない。とにかく、戦地に赴く兵隊さんを送り出すような心境だった。

苦渋の決断だった、と。

石原:原発事故は東京だけの問題じゃない。日本全体の問題だった。東京は日本の「要」であるし、東京にしかない能力も備えている。

 実は、私のところに様々な情報が入ってきていた。アメリカ政府が東京の大使館員に関東から退避するよう命令を出していたことも(報道が出る前から)耳に入っていた。福島第一原発は、容易ならぬ事態に陥っていた。だからこそ都知事として、私が逃げ出すわけにはいかないと覚悟を決めた。

コメント45件コメント/レビュー

>それと,「お国のため」?あり得ないです。
>自衛隊員にしても消防隊員にしても,
>「お国のため」ではなく,ある人は「与えられた任務を遂行するため」
↑ ↑ ↑

情緒的な左翼思考です。
OBから言わせていただくと、任務を実行し完遂するということは
結果を言えば「お国のため」になるんですよ。
実際に宣誓もしますしね。
知ったかぶりで外部者が正論ぶらないでいただきたい。

少なくとも当時の民主党政権の対応は、後手後手で酷いありさまでした。
官僚の知り合いから出てきた愚痴は、「菅さんは怒鳴ってばかり」でしたよ。
石原さんの機転で、どれだけ隊員の気持ちが救われたか。
それを石原信者とかで一括りにしないでいただきたい。

ここもツイッターのようだ。左派が感情で好き嫌いでコメントしている。(2018/04/02 12:23)

オススメ情報

「20110311144618.1 あの瞬間とわたし」のバックナンバー

一覧

「石原慎太郎氏:今、明かす「天罰発言」の真意」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>それと,「お国のため」?あり得ないです。
>自衛隊員にしても消防隊員にしても,
>「お国のため」ではなく,ある人は「与えられた任務を遂行するため」
↑ ↑ ↑

情緒的な左翼思考です。
OBから言わせていただくと、任務を実行し完遂するということは
結果を言えば「お国のため」になるんですよ。
実際に宣誓もしますしね。
知ったかぶりで外部者が正論ぶらないでいただきたい。

少なくとも当時の民主党政権の対応は、後手後手で酷いありさまでした。
官僚の知り合いから出てきた愚痴は、「菅さんは怒鳴ってばかり」でしたよ。
石原さんの機転で、どれだけ隊員の気持ちが救われたか。
それを石原信者とかで一括りにしないでいただきたい。

ここもツイッターのようだ。左派が感情で好き嫌いでコメントしている。(2018/04/02 12:23)

都議会での喚問時点は具合が悪そうでしたので心配しましたが,お元気な姿に少し安心しました。

 政治家に多くを期待するのは如何と思います。都内からダンプトラックのディーゼル黒煙が少なくなっただけで十分です。

皆様のコメントを読んでいると,米国のように,世論が右と左にはっきり分かれていく予感がしま
す。懐の深さが大事なんですが…‥(2018/04/01 11:03)

コメントを読んでいると、保守にせよ革新にせよ、盲目的なシンパというものは
実在するものなのですね。
トランプ大統領はかつてもし自分がニューヨークの真ん中で銃を乱射しても支持者は
離れていかないだろうといってたらしいですが、石原信者も彼一人で日本国に兆円単位のマイナスを
もたらしたとしても、喜んで尻尾を降り続けるんでしょうね。(2018/03/31 09:07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大学、社会で伸びる人材に なれるか否かは、高校の教育環境に 大きく左右される。

溝上 慎一 京都大学高等教育研究開発推進センター教授