• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

40兆円の眠れる資産「キモノ」を観光資源に

爆買いはいずれ下火、文化体験でリピーター呼ぶ

2015年3月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本国内には40兆円分もの「着物」が眠っている。国内の着物市場が縮小を続ける中、リユース(中古)の着物を廉価で販売する「たんす屋」を展開する東京山喜は、取り扱い量を今後10年で10倍に増やす計画だ。

訪日客の急増に伴って、お土産や自分用に着物を買う外国人が増加。国内の潜在需要の掘り起こしを狙うとともに、他社との連携による着物を取り入れた観光コンテンツ開発も目指すという。中村健一社長に聞いた。

(聞き手は秋山知子)

リユース(中古)の着物を廉価で販売する「たんす屋」を約120店舗、展開されています。最近、一部の店舗で外国人向けの売り上げが急増しているそうですね。

中村健一(なかむら・けんいち)氏。1954年、京都生まれ。77年米カリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学、79年慶應義塾大学卒業。同年、東京山喜に入社。93年に社長に就任。

中村:東京・浅草地域で現在5店舗を展開しているのですが、売り上げの2割5分から3割は既に外国人向けが占めるようになりました。

 海外からの仕入れも増えつつあります。欧州、ドバイなどの中東地域、台湾などアジアから直接買い付けに来る例が増えています。定期的に仕入れている業者で昨年、パリ10区に着物専門店を開店したところもあります。

浅草のたんす屋・新仲見世店で着物を買うタイ人女性。カップル2組で来店し、着付けをしてそのまま観光へ出かけた

外国人はどのような着物を買っているんですか。

中村:一番人気は羽織です。カジュアルホームウエアとして着る人が多いですね。全体的に、渋い織りよりは華やかな日本らしい絵柄の染めが人気です。台湾では赤や黄などの派手な色調が好まれます。一方、フランス人にはシックな黒がとにかくよく売れます。

 もちろんカジュアル着だけでなく、茶道や踊りをやっているなどで本格的に着物を着る人の需要もたくさんあります。台湾の百貨店では年2回、催事で販売をしていますが、若い女性が買いに来て「家にあるアルバムでお祖母ちゃんが着物を着ている写真がかっこいいので着てみたくなった」とおっしゃる。終戦まで約50年間は日本だったわけですから着物文化が残っているんですね。

 昨年10月からは、都内と京都の店舗で免税対応を始めました。現在20店舗が免税店になっています。消費税8%はやはり大きいので、外国人旅行者はかなり敏感に反応しますよ。

コメント2

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「40兆円の眠れる資産「キモノ」を観光資源に」の著者

秋山 知子

秋山 知子(あきやま・ともこ)

日経ビジネス副編集長

1986年日経BP社入社。日経コンピュータ、日経情報ストラテジー、日経アドバンテージ、リアルシンプル・ジャパンの編集を担当。2006年から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長