• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【八城政基】「高度成長は日本の教育のおかげ、ではない」

外資を渡り歩いた“プロ経営者”のリーダー論

2015年3月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

戦後70年となる今年、日経ビジネスオンラインでは特別企画として、戦後のリーダーたちが未来に託す「遺言」を連載していきます。この連載は、日経ビジネス本誌の特集「遺言 日本の未来へ」(2014年12月29日号)の連動企画(毎週水・金曜日掲載)です。

第21回は、エッソ石油社長や米シティバンク在日代表、新生銀行社長・会長を歴任した八城政基氏。外資トップを渡り歩いたプロ経営者が、自らの人生を振り返りながら、日本の未来に必要なリーダー育成のあるべき姿を語ります。

米国が育てたプロ経営者
八城政基(やしろ・まさもと) 東京大学大学院卒業後に米スタンダード・バキューム・オイル日本支社(後にエッソ石油)入社。45歳で社長、60歳で定年。米シティバンク在日代表を経て新生銀行(旧・日本長期信用銀行)の社長、会長。2010年に退任。「行不由径」(こうふゆけい)の意味は、「小道の近道をせず回り道でも大道を歩め」。写真は2014年3月に他界した妻が愛した庭で。1929年2月生まれ。(写真:的野弘路、以下同)

 終戦の時は、都立一中の中学3年生だったね、きっと。東京にある親戚のうちで玉音放送をラジオで聞いたわけです。あんまりよく聞こえなかったけど、戦争が終わったということだけは分かったね。

 終戦の時に何を思ったかというと、1944年に亡くなった父に続き、終戦直後の8月19日に母も亡くして、もう働かなくちゃダメだと思いました。母は体が弱く病気がちで、7月の終わりに故郷の京都の親戚のうちに戻っていたんです。でも8月9日に僕だけ東京に帰ってきてしまっていたわけ。そんなに急に亡くなるとは思わなかったんだけど、終戦直後に亡くなってしまった。

 兄はいたんだけれども、親が残してくれたものというのは、そんなにたくさんあるわけでもないし、貯金もしばらく凍結されていました。だから、普通の生活はできないわけですよ。もう学校へ行くのはやめて、働くしかないと思った。

 そうしたら、先生も含めていろいろな人が、「学校だけはちゃんと卒業しろ」と言ってくれて。そんな状態だったから、その日その日を生きていくのが大変だったという記憶しかありません。

敗戦ですっかり冷めちゃった

 ただ、やっぱり思い返してみると、それまでは神国日本だったのに、ある日突然負けてしまって、食べることで精一杯の状況になって、闇市にもしょっちゅう行って。だから、それ以降、どんなことが起きても平気になってしまったわけね。いつの間にか。

 そうなった人間は強いですよ。人に頼らず、自立して、自分で生きていかなきゃならないから。その後の人生、もう何が起きても、「まあ、そういうこともあるか」というぐらいにしか感じなくなってしまった。

 どんなことにも、あんまり激しく反応しないんだわ。がっかりもしないし。もう冷めちゃったね、すっかり。

コメント3件コメント/レビュー

日本の高度経済成長は何と言っても中国、韓国の敵失が大きな要因だと思います。中国では大躍進、文化大革命で何千万人が殺され、韓国では重工業で北朝鮮で大きく遅れ、セマウル運動がやっと始まったばかり。それを後目に日本は欧米への輸出マーケットを独占していたのは僥倖でした。個人的には、中国で第二次文化大革命を、韓国で第二次朝鮮戦争を望んでいます。これこそ、日本の第二次高度経済成長のカギですから。(2015/03/20)

「戦後70年特別企画 遺言 日本の未来へ」のバックナンバー

一覧

「【八城政基】「高度成長は日本の教育のおかげ、ではない」」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本の高度経済成長は何と言っても中国、韓国の敵失が大きな要因だと思います。中国では大躍進、文化大革命で何千万人が殺され、韓国では重工業で北朝鮮で大きく遅れ、セマウル運動がやっと始まったばかり。それを後目に日本は欧米への輸出マーケットを独占していたのは僥倖でした。個人的には、中国で第二次文化大革命を、韓国で第二次朝鮮戦争を望んでいます。これこそ、日本の第二次高度経済成長のカギですから。(2015/03/20)

良く日本が戦争で負けたのは物量の差と言われますが、私は人材活用の差だと思います。日本は兵学校・士官学校の成績で昇進の序列が決まり、実戦で失敗しようともそれに傷が付くような処遇はされない。しかし、米国は適材適所で大胆に司令官を変えてしまう。それはビジネスでも同じで、私の大学時代は成績の上位から学者、法曹、官僚そして最下位に企業人と卒後の序列が決めつけられ、以後も同窓会で見下された感覚が続きました。こういう殻を破るには実力本位の海外経験を積むしかない。この春、大学生の娘を1ヶ月の英国ホームステイに送り出しましたが、最初嫌々だったのが数日で外国びいきに。アジア諸国に比べて日本人が少ないとの報告はさもありなん。八城氏の歩んできた道をこれから娘たち若者は目指していくことになるのでしょう。羨ましく感じるとともに、もう一度私も好奇心を奮い立たせたいと思いました。(2015/03/20)

えぇっ、この方、なくなっていたのか― の想い、3,5,7,10年違い、それが何?の感慨は、年齡というメジャーを己と他人に当ててみる時の単位になるもの、かって氏を何かの読み物で知った時のことを想起する。そうか、自分と6,7歳違いか、それにしては随分面白い時間と世界を歩まれている方だなぁと確か羨望にも似た否、それ以上の閃光のようなものを感じていたように思う。それで自分がどうにかなった、どうにかしたというような格別のものはないのだが、何か何処かその時空に眩さを感じていたものだ。ワイフが決めた僕の人生との吐露にあらためて感じるものもある、その人間味は、ひと皆違って皆いいとする思想に根ざしているものと思う。シティの日本でのリテール撤退が今秋には現実のものになる一方、きっと、先に死んだ家族が、自分たちが生きることができなかった時間を全部くれたような気がしますとは、なんといきな言葉かと感動します。ノウハウでないエキスがあり、いつも混沌の中に身を置かねばならない覚悟をしみじみ感じます。(2015/03/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授