• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「あの時の日本人は素晴らしいんです」

第7回 木の屋石巻水産 木村長努社長

2015年3月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

宮城県石巻漁港前にある有数の水産加工業者である「木の屋石巻水産」。

全国の人たちは社名よりも「くじらの大和煮」の缶詰で知っている方のほうが多いかもしれません。震災では工場は崩壊し、倉庫にあった商品の大部分が流されてしまいました。出荷待ちの缶詰は約100万缶ありましたが、その半分以上が失われてしまいました。缶詰のデザインを模した高さ10メートル、重さは200トンという巨大な原料(魚油)貯蔵用のタンクがあったのですが、それが約300メートル先の県道の分離帯まで流されて留まりました。しばらくの間、放置されていたこともあり、世界中のメディアがあの倒れた「缶詰」の写真を撮って配信しました。陸前高田の奇跡の一本松と同じように震災の被害の大きさを表す象徴的な写真となりました。

(聞き手 瀬川明秀)

巨大な鯨缶タンク

震災から4年たちました。工場は震災前の状況に戻ったといえますか。

木村氏: 現在は約20品目を生産しています。震災前が約40品目ほど扱っていたのでちょうど5割です。ただ、震災直後から多くの人たちに支え続けて頂いたおかげで今年中には9割かうまくいけば100%戻せると思います。

震災直後の流出した缶詰タンク

何もしないと不安になる

大きな被害を受けた石巻の業者が多い中、木の屋さんは、翌月初めから仕事を開始されたらしいですね。

木村長努社長(右)と木村隆之副社長(左)

木村氏:震災で食品工場は泥だらけになり使いものにならなくなりました。倉庫にあった商品も海に流されていった。「これ一体どうすればいいんだ、たぶん捨てるんだろうなぁ」と途方にくれていました。震災直後はちゃんとした情報も入ってこなかったので、不安を煽る変な噂もたくさんありました。「仕事どころではない」と社員を解雇したり、自宅待機させたままの会社もあるらしい」といった話も。本当かどうか分からないような噂ばかり流れていました。

 何もしないと不安がどんどん大きくなる。それは我々経営陣も社員も同じです。ですから、震災直後から、県外の工場に相談して、委託生産というかたちで意地になって生産を再開するために動きはじめたんです。震災から約半年、10月から缶詰とレトルトカレーの販売を開始できました。自社生産ではないので、コスト的には厳しかったのですが、「お客さんとのつながり」をなんとか維持しようとの思いでしがみつきました。

コメント0

「20110311144618.1 あの瞬間とわたし」のバックナンバー

一覧

「「あの時の日本人は素晴らしいんです」」の著者

瀬川 明秀

瀬川 明秀(せがわ・あきひで)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ビジネスアソシエなどを経て、日経ビジネスオンライン開設後はオンライン編集がメインの業務。2012年からは日経BPビジョナリー経営研究所の研究員を兼務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長