• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

独占公開、”塀の中”で綴ったあの日の「獄中日記」

第8回 鈴木宗男氏 元衆院議員

2015年3月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 社会と隔絶された「塀の中」で、鈴木宗男元衆院議員(67)は”あの日”を迎えた。場所は栃木県にある官民協働運営の刑務所・喜連川社会復帰促進センター。鈴木氏が津波に飲まれる東北のテレビ放送を見たのは、震災が起きて3日後のことだった。逃げも隠れもできない状況下、原発事故後の放射線放出にもおびえた。かつては自民党に籍を置き、原発推進の立場であった鈴木氏だが、収監中に「脱原発」に考えを切り替えた。当時、刑務所で付けていた「獄中日記」を見せてもらいながら、4年前をリアルに回顧する。

鈴木氏が東日本大震災の当日に綴った獄中日記(撮影:大高和康、以下同)

2011年3月11日は鈴木さんが収監されてから約4カ月(あっせん収賄罪等で懲役2年の実刑判決を受け2010年12月6日に収監、2011年12月6日に仮釈放)が経っていました。地震が起きた2時46分、何をされていたのですか。

「当時が生々しく思い出される」と語る鈴木宗男氏

鈴木氏:忘れもしません。私は毎日ノートに日記を付けていたんですが、ほら、ここを見てください。2011年3月11日のあの瞬間を赤いボールペンで記しています。地震はうちの秘書との面会が終わって、1時間ほど後に起きました。

 私は収監中、お年寄りの受刑者の介護をする係でした。お年寄りを風呂に入れている時、グラッと揺れた。お風呂の湯が上下に大きく波打って、浴槽から湯が飛び出しました。すぐに刑務官がやってきて、「部屋に戻れ」と命令されました。後で確認したところ喜連川の震度は6弱でした。これだけの揺れを人生で感じたことがありませんでしたので、とにかく驚きました。先ほど別れた秘書が、無事なのか心配になりました。

コメント4件コメント/レビュー

官僚に騙された、などというのは大きな思い違いです。官僚は国民の代表である政治家のために働き、結果として国のために働いています。

よって、直接には政治家の利害調整をするのが仕事であり、騎馬のようなものです。

馬を操る器量がなく馬を罵る騎手というのはなんともみっともない。現実には原子力ムラなどと言って、恩恵を得ている騎手の方が多かろうに。(2017/03/12 18:39)

「20110311144618.1 あの瞬間とわたし」のバックナンバー

一覧

「独占公開、”塀の中”で綴ったあの日の「獄中日記」」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

京都市景観市民会議委員(2016年)、佛教文化学会会員。 1974年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社へ入社。2005年日経BP社に入社。日経ビジネス記者などを歴任。2016年4月より日経おとなのOFF副編集長。浄土宗僧侶の顔も持つ。正覚寺副住職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

官僚に騙された、などというのは大きな思い違いです。官僚は国民の代表である政治家のために働き、結果として国のために働いています。

よって、直接には政治家の利害調整をするのが仕事であり、騎馬のようなものです。

馬を操る器量がなく馬を罵る騎手というのはなんともみっともない。現実には原子力ムラなどと言って、恩恵を得ている騎手の方が多かろうに。(2017/03/12 18:39)

この大震災の復興について、不思議に思うことは、ヒロシマ、ナガサキの復興の歴史について、誰も発言しないことである。
この大震災の後世への提言、復興の遅れ、人口の流出などが報道で問われているが、形は違えども放射能被害、都市の壊滅という点では全く同じである。

ヒロシマ、ナガサキは長年に渡る市民の犠牲と復興への努力によって数十年草木も生えないと言われた町を復興した。
ヒロシマ、ナガサキの復興と犠牲の歴史を見れば、都市の再生復興には長い、長い時間がかかる。
傷ついた心も癒やされること無くなくなった方も多い。
未だに身元不明、引取人のいない犠牲者もおられる。

ヒロシマ、ナガサキは、もう過ぎ去った歴史の1ページにしか過ぎないのであろうか。

私は長い時間の経過と辛抱と我慢と努力が、なお一層国民には必要であると思う。
未来には必ず穏やかな日々がある。(2017/03/12 15:32)

「官僚に騙された」というのは事実だと思いますが、鈴木さんは勘違いをされています。それは官僚が悪いのではなく、その政治家達が政治家たる器ではなかったということであって、それ以上でもそれ以下でもありません。(2015/03/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長