• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

独占公開、”塀の中”で綴ったあの日の「獄中日記」

第8回 鈴木宗男氏 元衆院議員

2015年3月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 社会と隔絶された「塀の中」で、鈴木宗男元衆院議員(67)は”あの日”を迎えた。場所は栃木県にある官民協働運営の刑務所・喜連川社会復帰促進センター。鈴木氏が津波に飲まれる東北のテレビ放送を見たのは、震災が起きて3日後のことだった。逃げも隠れもできない状況下、原発事故後の放射線放出にもおびえた。かつては自民党に籍を置き、原発推進の立場であった鈴木氏だが、収監中に「脱原発」に考えを切り替えた。当時、刑務所で付けていた「獄中日記」を見せてもらいながら、4年前をリアルに回顧する。

鈴木氏が東日本大震災の当日に綴った獄中日記(撮影:大高和康、以下同)

2011年3月11日は鈴木さんが収監されてから約4カ月(あっせん収賄罪等で懲役2年の実刑判決を受け2010年12月6日に収監、2011年12月6日に仮釈放)が経っていました。地震が起きた2時46分、何をされていたのですか。

「当時が生々しく思い出される」と語る鈴木宗男氏

鈴木氏:忘れもしません。私は毎日ノートに日記を付けていたんですが、ほら、ここを見てください。2011年3月11日のあの瞬間を赤いボールペンで記しています。地震はうちの秘書との面会が終わって、1時間ほど後に起きました。

 私は収監中、お年寄りの受刑者の介護をする係でした。お年寄りを風呂に入れている時、グラッと揺れた。お風呂の湯が上下に大きく波打って、浴槽から湯が飛び出しました。すぐに刑務官がやってきて、「部屋に戻れ」と命令されました。後で確認したところ喜連川の震度は6弱でした。これだけの揺れを人生で感じたことがありませんでしたので、とにかく驚きました。先ほど別れた秘書が、無事なのか心配になりました。

コメント4

「20110311144618.1 あの瞬間とわたし」のバックナンバー

一覧

「独占公開、”塀の中”で綴ったあの日の「獄中日記」」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

京都市景観市民会議委員(2016年)、佛教文化学会会員。 1974年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社へ入社。2005年日経BP社に入社。日経ビジネス記者などを歴任。2016年4月より日経おとなのOFF副編集長。浄土宗僧侶の顔も持つ。正覚寺副住職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)