• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読めば落ち込む、米超富裕層の住宅事情

米ウエストウイング社の榑松寿延社長に聞く

2015年4月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回、ベールを脱いだ異色企業「平成建設」の米国進出計画。文字通り「米カリフォルニア州に大工を引き連れ、純和風の高級住宅を建てに行く」という一大プロジェクトだ。住宅は典型的な地産地消商品で、米国には米国のハウスメーカーが居並ぶ。また、本当に最高品質の日本住宅を建てるには、木材などの材料を日本から大量に持ち込むことも不可欠で、コストも跳ね上がる。それでも秋元久雄社長は、①本格的な日本住宅は住み心地や素材の循環性、美しさなどで世界に類のない居住空間、②米国の超富裕層は東洋的アート、特に日本家屋への造詣が深いなどを根拠に、新規事業の潜在力の高さを熱く語った。

今回は、平成建設と現地でタッグを組む米ウエストウイングの榑松寿延社長に、米国の超富裕層は本当に日本の家を買うか聞いた。

(聞き手は鈴木 信行)

榑松寿延(くれまつ・としのぶ)
1984年 日系建設会社USA支店の代表に就任。1997年ウエストウイング社設立。現地で日系企業の進出サポートを手掛ける。

前回は、平成建設の秋元さんに米国進出計画をお話ししてもらったんですが。

榑松:「信じられない」「荒唐無稽だ」という読者が多いんでしょう(笑)。まあ無理もない話です。僕も米国で長い間、日系企業の現地進出をお手伝いしていますが、こんな計画を立てる企業は平成建設が初めてです。僕の方からはもう少しファクトベースで、この話が決して夢物語でないことをお話しします。

秋元さんは「カリフォルニアに行けば、どんなに高くても日本の高級住宅を買える超富裕層がごろごろいる」とおっしゃっていました。

榑松:その通りです。米国経済をマクロ的に分析しますと、GDPの3分の1は3つの州から生まれています。どこだと思いますか?

ニューヨークとか、平成建設が打って出るカリフォルニアですか。

榑松:ほぼ正解です。昔はカリフォルニア、フロリダ、ニューヨーク、あるいはカリフォルニア、イリノイ、ニューヨークが米国の3大富裕州でした。最近はテキサスが浮上してきて、カリフォルニア、テキサス、ニューヨークの3つの州がGDPに最も貢献している3州となっています。

南カリフォルニアこそ世界屈指の富裕層居住地

その3州はただ人口が多いだけでなく、富裕層も沢山暮らしている、と。

榑松:そうです。資産100億円以上の富裕層の居住地を米国の地図にマッピングすると、間違いなくこの3州にお金持ちが集中していることが分かります。広い米国の中でも、高額商品を買える富裕層は割と固まって暮らしているんですね。超高級住宅販売を展開するならこの3州のいずれかですか、平成建設さんは「まず日本に近い所から」という判断で、カリフォルニアを最初の進出先にしました。特に南カリフォリニアですね。カリフォルニアの住民所得の約半数は、南カリフォルニアの5つのカウンティーから発生しています。

そこに行くと、本当に大金持ちがごろごろいるんですか。

榑松:(新聞のコピーを出しながら)これは『オレンジカウンティー・ビジネスジャーナル』という地元紙に載った富裕層リストです。自己資産額を見て頂くと、日本で想像する金持ちとは全くスケールが違うことが分かります。

コメント0

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「読めば落ち込む、米超富裕層の住宅事情」の著者

鈴木 信行

鈴木 信行(すずき・のぶゆき)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス、日本経済新聞産業部、日経エンタテインメント、日経ベンチャーを経て2011年1月から日経ビジネス副編集長。中小企業経営、製造業全般、事業承継、相続税制度、資産運用などが守備範囲。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長