• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

チャイナ・プラス・ワンの行き着く先

有力候補地ベトナムは今、正念場に

2015年4月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

チャイナ・プラス・ワンが言われて久しいが、日本企業の海外投資にどんな変化が出ているのだろうか。産業立地に詳しい大阪市立大学商学部の鈴木洋太郎教授は、日本企業が最も注目していた国の一つであるベトナムが、正念場に立っていると指摘する。

(聞き手は宮澤徹)

鈴木洋太郎氏(すずき・ようたろう)
1960年生まれ。大阪市立大学大学院経営学研究科・商学部教授。一般財団法人アジア太平洋研究所(APIR)主席研究員。九州大学大学院経済学研究科経済工学専攻修了、博士(経済学)。専門分野は、産業立地論(国際産業立地研究)。主な研究テーマは「多国籍企業の立地展開と国際分業」、「グローバル化のなかでの関西・大阪の産業集積」、「日本企業立地先としてのアジア」。

日本企業の対中投資が大幅に減っています。チャイナ・プラス・ワンが本格的な動きになってきたようですが、現状をどう見ますか。

鈴木:チャイナ・プラス・ワンが言われ始めたのは10年以上前ですが、中国での反日デモなどを経て、日本企業がより本腰を入れてきたということでしょう。近畿地域の中小、中堅企業の海外進出のアンケートおよびインタビュー調査でも、その傾向は見て取れます。

 そこでは、今後進出したい海外は、中国よりもベトナムとかタイと答える方が多いのです。中小、中堅企業は、中国リスクをかなり強く感じているようです。ただ、やはり中国マーケットは非常に大きいこともあり、大企業の中では中国から完全に手を引くという動きは恐らくないでしょう。

 中国ではきっちりビジネスを行いつつ、ASEAN(東南アジア諸国連合)の中でも後発のベトナムとかラオス、カンボジア、ミャンマーなどを狙っていこうという動きが強くなっています。ただ、産業分野によって事情は変わります。エレクトロニクス系の分野では、中国をマザー工場にして、ASEANの後発国を分工場的に使おうという動きもあります。それ以外の業種では、中国生産の完全な代替先として東南アジアを考えている企業もあるでしょう。

中国からの生産代替先の有力候補と期待されたベトナムは今、どんな状況でしょう。

鈴木:今でも、もちろんチャイナ・プラス・ワンの最大の候補ですが、正念場に立たされていると言っていいでしょう。2018年にASEAN域内の自動車関税が撤廃されます。今のままでは、自国内に自動車産業が育たないうちに、タイやインドネシアなどで生産された輸入車に市場を席巻されてしまう恐れが大きい。国内に自動車などの裾野産業が育っていないためです。自動車は産業の幅広い分野に関わってくるので、それが離陸できなければ、国の産業発展自体が足踏みしてしまう恐れが出てきます。

 ベトナム政府もこのままでは国際競争力で後れを取ってしまうだろうという危機感を抱いています。対応策として、日系の中小企業誘致を積極的に始めています。部品などを作る金属加工業などが主なターゲットです。

 ベトナムにある組立産業は、中国の華南地域から多くの部品を輸入していますが、それでは裾野産業は育たない。ベトナム政府としては、あまり中国依存を高めたくないという思いもあります。中国からの部品輸入が、貿易赤字を生み出す最大の原因になっているのです。

 だから日系の中小企業などに来てもらい、現地生産をしてほしいのです。進出しやすくするために、レンタル工場などのインフラ整備にも取り組んでいます。

 ベトナム側と日本側の思いは、中国への依存を減らしたいという点で、似ているところがあります。だから、日本にとってもベトナムが健全に発展することは、大事なことなのです。ベトナム経済が失速してしまうと、チャイナ・プラス・ワンの有力候補地を失ってしまうことにつながるからです。

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「チャイナ・プラス・ワンの行き着く先」の著者

宮澤 徹

宮澤 徹(みやざわ・とおる)

日経ビジネス副編集長

日本経済新聞社産業部、中国総局、重慶支局長、2012年秋日経ビジネス副編集長。製造業とアジア担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長