• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

劇団四季が、役者の「やりがい搾取」をしないための仕組みを探る

第13回 経営幹部インタビュー前に、「ライオンキング」を鑑賞

2015年4月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東京・港区にある劇団四季の専門シアター「四季劇場」

 日本企業が真の復活を果たすには、モノづくりの技術力だけでなく、顧客を魅了し、市場競争力を高める「戦略的なブランドづくり」が欠かせない。しかし、多くの日本企業にとってブランドとはつかみどころがなく、馴染みも薄い。「ブランド力を上げよ」と言われても、何をどうして良いか分からない、というのが本音ではないだろうか。そこで、ブランド育成に優れた企業に注目、著者の現場訪問とインタビューを通じ、ブランド力の真髄を探る。

 連載5つ目のブランドは、日本一有名なミュージカル集団といっても過言ではない「劇団四季」だ。「一度も四季の演目は観たことがない」という完全なミュージカル初心者の著者2人、ブランドコンサルタントの山口義宏氏と「デジタルメディア活動家」、LINE執行役員の田端信太郎氏が、同劇団看板演目の1つ「ライオンキング」を鑑賞。ゆるく、勝手に、をモットーに戦略考察を実施した後、劇団四季の経営幹部と対談する。今回は、2人がミュージカルを体験して感じたリアルな感想を軸に、経営者インタビューで掘り下げたいポイントを探る。

名前は知っているけれども内情は分からない、謎の集団

田端:今回は「劇団四季」です。すごく有名なミュージカル団体ですが、正直、これまで僕は一度も観たことがなかったです。

山口:私もです。CMや車内広告、ポスターなどで、その存在は目にしてきたんですけどね。名前は知っているけれども、実態はよく分からない。正直、謎の集団でした。

田端:匿名性が高い印象がありますよね。経営状態もあまり公開されていない。「劇団四季」と聞いたときに、真っ先に頭に浮かぶのは総合演出している浅利慶太さんだけですからね。もっとも、現在は第一線からは引退されているそうですけれど。

山口:観劇していかがでしたか? 僕は「ライオンキング」を観たんですが、すごく楽しかったです。でも、「観てない人に『ライオンキング』の良さを説明しろ」と言われたら、説明が難しいです。四季の魅力は、非常に体感的なものだという気がしました。

田端:同じです。僕も「ライオンキング」を観たんですけれど、言葉にしてしまうと「感激・感動」くらいの感想しか出てこない。そもそも演劇自体をあまり観に行かないということもあるんでしょうが……。

山口:私たちのようなエンターテインメントの基準が分からない人間が語るのも申し訳ないですが、劇団四季は「エンターテインメントのプロフェッショナル集団」という言葉がまさにピッタリでした。

田端:劇団というよりは、テーマパークっぽい。「ライオンキング」にしても、びっくりするような筋書きや複雑なオチではなく、ある程度みんなの予想がつく王道のストーリーを扱っている点も似ています。

山口:「ライオンキング」は、そもそもディズニーの作品ですしね。乱暴に分ければ、エンターテインメント作品の魅力は、“予想外なストーリー展開や演出の斬新さで惹きつけるもの”と、“予定調和で王道のストーリー展開だけれど、演出の完成度の高さで惹きつけるもの”の2種類に分けられると思うんです。「ライオンキング」は完全に後者です。

コメント1

「ニッポンブランド強化作戦Season3 価値が宿る現場を歩く」のバックナンバー

一覧

「劇団四季が、役者の「やりがい搾取」をしないための仕組みを探る」の著者

田端 信太郎

田端 信太郎(たばた しんたろう)

デジタルメディア活動家

1975年石川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。リクルートでフリーマガジン「R25」を立ち上げる。2012年、NHN Japan(現LINE)執行役員に就任。2014年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

山口 義宏

山口 義宏(やまぐち・よしひろ)

インサイトフォース社長

1978年東京都生まれ。ソニー子会社にて戦略コンサルティング事業の事業部長、リンクアンドモチベーションにてブランドコンサルティングのデリバリー統括などを経て、2010年に「インサイトフォース」設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授