• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ホンダのエンジニアを経て、創業家の良さに気づいた(前編)

File11 ポーラ・オルビスホールディングス 鈴木郷史社長

2015年5月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ポーラ・オルビスホールディングス(以下、ポーラ)の社長を務める鈴木郷史さんとの出会いは、ポーラ文化研究所で話をしてほしいと依頼されたことに始まった。その後、『社長とランチ』という拙著に登場いただくなど、インタビューを重ねてきた。

 それだけに留まらない。「ちょっとご相談が」と訪ねたりもしてきた。図々しい話なのだが、いつも時間を割き、耳を傾け、アドバイスしてくれるのが鈴木さん。温かい応援だけではない。時には厳しい指摘もある。自分の不甲斐なさにうなだれていると、ちょっとした冗談を挟みこむ。その公正さとユーモアが、鈴木さんの人となりを表している。

 鈴木さんが率いるポーラの快進撃については、改めて触れるまでもない。「ポーラ」、「オルビス」はじめ、「ジュリーク」や「スリー」といったブランドを傘下に持っているのだが、それぞれのブランドが独自のポジションを獲得し、ファンを醸成している。化粧品業界の競合激化が続く中、確かなブランド戦略を展開している。成功の根底には、経営トップとしての鈴木さんの志が、どんと横たわっているのだと思う。

 創業86年という歴史あるポーラのこれからと、鈴木さんのこれからについて聞いてみようと、銀座にあるオフィスを訪ねた。

創業家に生まれたのが嫌で嫌で仕方なかった

川島:鈴木さんは、家業を継ぐかたちで、ポーラの経営トップになられたわけですよね。

鈴木:そうです。創業家に生まれた身ですから。しかも、創業者が亡くなって3日目に生まれた子だったので、いわば生まれ変わり。小さい時から、そういう目で見られているのが、嫌で嫌で仕方なかった。それも、口で言ってくれるならまだいいのですが、目で言っているわけです。それが、子供にとってはますます辛い。

ポーラ・オルビスホールディングスを率いる鈴木郷史社長(写真:鈴木愛子、以下同)

川島:そうだったのですか。でも幼い身には、かなりの重圧だったかも。辛いという感覚、何となく分かります。

鈴木:それは辛いですよ。勉強だってできなかったしね。

川島:本当ですか? 今の鈴木さんからは想像できませんが。頭脳もセンスも抜群で、スーパーマンみたいな人と思っていたので(笑)。

鈴木:いや、とんでもない。小さい頃の僕は、ひ弱なお坊ちゃんだったんです。ただ、人の一生とは、おおよそ7~10年くらいで転機が訪れると思いますね。僕の場合、最初の転機は創業家に生まれたこと(笑)。次の転機は10歳くらいの時に、本田宗一郎という人の存在を知り、一緒に仕事がしたいと思ったことです。

川島:それまた、随分とおませなエピソードです。

鈴木:もともとクルマとか機械が好きで、『カーグラフィック』という雑誌を読んだり、24分の1サイズの精巧なプラモデルを作ったりするのに熱中していました。そうすることで、自分なりの壁を作って、大人たちの物言わない目を避けていたみたいなところもあったのかもしれません。ところが、ちょうどその頃、大変な出来事が起きたのです。お坊ちゃんだったので、大学の附属小学校に通わされていて、そのままエスカレーター式で中学に行けるはずだったのが、勉強があまりにできなくて落ちてしまったのです。

コメント1

「老舗に問う サステナブル経営の要諦」のバックナンバー

一覧

「ホンダのエンジニアを経て、創業家の良さに気づいた(前編)」の著者

川島 蓉子

川島 蓉子(かわしま・ようこ)

ifs未来研究所所長

ファッションという視点から、さまざまな分野の企業のブランド作りなどのプロジェクトにかかわる。日経MJ、ブレーン、読売新聞などで連載を持つ。2013年から現職。多摩美術大学非常勤講師。Gマーク審査委員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック