• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ダメ政策」ばかり日本が選んでしまうワケ

竹中平蔵・慶応義塾大学総合政策学部教授に聞く(2)

2015年6月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

竹中平蔵・慶応義塾大学総合政策学部教授

 教育政策にももっと、信念や価値観だけでなく実証分析に根差したKPI(重要業績評価指標)が必要ではないか。数々の国家的な改革に携わってきた竹中平蔵・慶応義塾大学教授に、同大学総合政策学部竹中ゼミの教え子だった気鋭の教育経済学者、中室牧子氏がざっくばらんに聞く2回目は、金融政策にも話が広がって…。

(構成は片瀬京子)

前回から読む)

竹中先生にとっての「教育」とはなんでしょうか。

竹中:私は高校生のときに、倫理社会の北内先生の影響を受けて経済の勉強をしようと思いました。北内先生は東京教育大学、今の筑波大学を出たばかりの若い先生で、北内先生が宿直の時には、おかきとコーラを持って遊びに行ったものです。

 そこで北内先生に「教育とは何ですか」と尋ねたことがあります。すると先生は、「そんな難しいこと俺にはよく分からないけれど、でも、教育とは胸を開いて希望を語ることだと思う」とおっしゃった。

 1981年に米ハーバード大学へ留学しましたが、到着して1週間も立たない、英語が通じるか不安でたまらない4月のある日に、ボストンマラソンがありました。40キロ地点でランナーがやってくるのを待っていたら、ぱっと目に飛び込んで来たのは、日の丸をつけた選手でした。鳥肌が立つ思いがしました。

 このレースは、瀬古利彦が海外で初めて優勝したレースだったのです。日本語で「頑張れ」と叫ぶと、周りにいた米国人は「You can do it.」と言っていた。これは、エンカレッジ、鼓舞ですよね。エンカレッジされた側は、「Yes, I can」と答えます。

教師にできることは「エンカレッジ」

 私は今、教育をする側にいますが、教師にできることはエンカレッジだと思っています。知識を教えるのではなく、勉強する気になってもらうことが教師の仕事です。

 教育の議論が難しい理由には、教育が聖域扱いされていることも挙げられます。これは医療と同じで、競争という概念を持ち込むとすぐに「人の命は金では買えない」といった原理主義的な議論になりがちですが、そういう意味ではありません。医療の世界でも、正しい競争をさせればいいのです。

コメント3件コメント/レビュー

濃い内容でした。ある意味で感銘を受けました。竹中さんが「先日も雇用制度の自由化について・・・(中略)・・・そんなことは言っていない。悪意に満ちたタイトルです。このインタビューにはどんなタイトルが付くのか、楽しみです。」と語られたように、市井の一人として、マスコミの怖さに戦々恐々としています。素晴らしい将来を構築しようとしている有志に対して、利権を温存、拡大したい組織に与する人たちは、何をしでかすか予想もつきません。その意味でも、この記事を掲載していただいた日経には感謝します。(2015/06/15)

「教育ってそういうことだったのか会議」のバックナンバー

一覧

「「ダメ政策」ばかり日本が選んでしまうワケ」の著者

竹中 平蔵

竹中 平蔵(たけなか・へいぞう)

慶応義塾大学教授

1951年和歌山市生まれ。73年一橋大学経済学部卒業、96年、慶応義塾大学総合政策学部教授。政府諮問会議メンバー、金融担当大臣・経済財政政策担当大臣・郵政民営化担当大臣などを歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

中室 牧子

中室 牧子(なかむろ・まきこ)

慶応義塾大学准教授

慶応義塾大学総合政策学部准教授。1998年慶応義塾大学卒業後、日本銀行、世界銀行を経て、米コロンビア大学博士課程修了(Ph.D.)。2013年から現職。専門は教育経済学。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

濃い内容でした。ある意味で感銘を受けました。竹中さんが「先日も雇用制度の自由化について・・・(中略)・・・そんなことは言っていない。悪意に満ちたタイトルです。このインタビューにはどんなタイトルが付くのか、楽しみです。」と語られたように、市井の一人として、マスコミの怖さに戦々恐々としています。素晴らしい将来を構築しようとしている有志に対して、利権を温存、拡大したい組織に与する人たちは、何をしでかすか予想もつきません。その意味でも、この記事を掲載していただいた日経には感謝します。(2015/06/15)

前回の不評が響いたのか教育関連の話になっていないですね。竹中先生はご存じないかもしれませんが、終身雇用・年功序列という雇用システム自体の基礎は江戸時代から存在していますよ。記録には残っていませんが、おそらくそれ以前からも脈絡とその文化というものは受け継がれていて、そのおかげで日本には業歴100年を超える会社2000社以上(世界の業歴100年以上の会社の80%以上)が存在しているわけです。もちろん、業歴が長いのと企業として優れていることは別のことですが、少なくとも長い期間顧客に価値を提供し続けてきており、雇用も生んできたことは間違いない事実です。そして、日本の終身雇用制度は偶然の産物ではなく、企業やその会社に勤める方々の弛まぬ努力によって成し得たものです。まずその点の虚偽について指摘させていただきます。それから、人は駒ではありませんので簡単に職種や職業を変えることができません。簡単に変えることができると仰るのであれば、是非需要が逼迫している介護業界やコンビニ店員などに竹中先生自ら飛び込んでください。「価値が低い」からやらないとおっしゃるのであれば、そもそもの働き手側から見たKPI(技能や労働に対する報酬の割合)が低いことになるわけで、需要があっても担い手がいなくなるわけですけど?まぁ本当に需給バランスが崩れたら賃金や待遇も好転するとの説かもしれませんが、その前にコンビニや介護業界が崩壊(既に崩壊しかかっている)すると思いますよ、私は。(2015/06/15)

前回から引き続き、教育以外の内容を載せすぎる。教育に関する事は内容の3割にも満たないと感じる。マスメディアの情報に関して、タイトル・見出しと内容が剥離しすぎる、インパクトに偏った情報が多いとあるが、この連載そのものもそれに当てはまる。教育に隠れて自身の言いたい事をあちこちに紛れ込ませるのは不適当と考える。(2015/06/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

国際交渉では、自国のことをよく知っていることが強みになります。

行天 豊雄 国際通貨研究所名誉顧問