• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

グローバル社員なんて偉くも何ともない。できるだけ減らした方がいい

DMG森精機社長 森雅彦氏に聞く(後編)

  • 日経トップリーダー

バックナンバー

2015年6月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2015年5月、かねて業務・資本提携を結んでいたドイツのDMG MORI SEIKI AG(DMG)を連結子会社化するなど、日独の一体経営を加速しているDMG森精機。だが、社長の森雅彦氏は「グローバル社員なんて偉くも何ともない。彼らが過半数になったら会社は潰れる」と言い切る。工作機械で世界のトップを走る森社長の人事戦略とビジョンを聞いた。

今春の新入社員は61人ということですが、選抜はかなり厳しいのでしょうか。

:学生にとって、超大企業での就職活動とは違うかもしれませんが、工作機械を革新的にやりたいという人を選んではいます。

森雅彦(もり・まさひこ)氏 1961年奈良県生まれ。85年京都大学工学部精密工学科卒業後、伊藤忠商事に入社。産業機械部門などで8年間勤務した後、父で前社長の幸男氏が体調を崩したことを機に、93年森精機製作所に入社。取締役、常務、専務などを経て、99年社長に就任。当時、東証一部上場企業の最年少社長として注目された。社長業の傍ら、2003年東京大学大学院で工学博士号を取得している。(写真:菊池一郎、以下同)

社員に言いたいのは「照れるな」「かますな」

世間では、入社3年で30%辞めるのが一般的になっていますが。

:うちは全然辞めません。辞めそうな人は採らないし、最初からちゃんと説明しています。

何を最も重視して採用されているのですか。

:自尊心の持ち方ですね。若ければ、将来に対して不安を持つのは当然です。不安から来るふらふら感とか、緊張や怒りの感情が伝わってくるのは大変かわいらしくていいんです。ですがそうではなくて、今までやってきた受験勉強の延長で根拠のない自信を持っていたり、家の育ちがいいから自信を持っているという人は採らないようにしています。

 社員によく言うのは「照れるな」「かますな」ということ。照れてしゃべれなくなってしまうのは、ちっぽけな自尊心があるからですよ。知ったかぶりをする人も駄目です。ですから、悪い意味で受験勉強をしてしまった人は採りません。

コメント2

「トップリーダーかく語りき」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長