• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

E3速報--価格発表で拍手消えたPS3

普通に遊ぶと9万円コース。ショーの主役はWiiに。

2006年5月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5月第3週。米国ロサンゼルスで、世界最大のテレビゲーム展示会・E3(Electronic Entertainment Expo)が始まりました。今年は、ソニー・コンピュータエンタテインメントの新マシン・プレイステーション3(以下PS3)と、任天堂の新マシン・Wii(ウィー)がお披露目されることもあり、史上空前の盛り上がりとなりました。今回は、両マシンに対する現地の反応を中心に、その速報をお届けします。

 

PS3で遊ぶにはいくらかかる?

 5月9日、まずはプレイステーション3の詳細が発表され、その発売日が11月11日と確定。

 しかし、カンファレンス会場が沸いたのはそこまででした。その後に6万2790円 (税込み・日本販売時)という価格が発表されると、会場から拍手の音が消えまし た。この高額な価格設定は、デジタルエンタテインメントに関わる者を、少なからず 落胆させたのです。

 しかも、6万2790円という価格は、無線LAN機能や各種接続端子、メモリーカードスロットなどが大幅に省略された、いわば廉価版モデルの価格なのです。通常モデルの価格は、さらに高額。日本での販売はオープンプライスですが、北米での廉価モデルと通常モデルの価格差が100ドルあることから、実勢価格は7万3000~7万5000円になるでしょう。

 しかもゲーム機は、ハードと同時に最低でも1本のソフトを購入する必要があり、対戦プレイ用のコントローラーなどの周辺機器を購入することも多いわけです。となると…

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「E3速報--価格発表で拍手消えたPS3」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長