• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

女の子が列をなすあのゲームは何だ?

ゲームとカードの幸せな結婚「ラブベリー」

2006年6月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いま、最も注目すべきゲームメーカーはどこでしょう? そう聞かれたら、迷うことなく「セガ」と答えたいと思います。この2~3年のセガの勢いには、驚くべきものがあるからです。

 「え?」と思う方は、一度ゲームセンター(アミューズメント施設)に行ってみてください。デパートの屋上でもいいでしょう。そこではセガ製のゲームが、大きな熱気とともに受け入れられ、時には3~4時間待ちの行列を生み出していることが確認できます。

「ムシキング」で子供、「三国志」で大人、そして

 このムーブメントを生み出したのは、カードを利用したテレビゲーム群。2003年に登場以来、低年齢の男の子たちを夢中にさせ続けている「甲虫王者ムシキング」や、2005年に登場し、大人たちをゲームセンターに呼び戻した「三国志大戦」などが、既にスマッシュヒットを記録しています。

 最大の魅力は、多種多彩なカードが用意されていること。プレイするたびにそれらの新しいカードがゲーム機から出てくるので、コレクション欲を刺激します。新しいカードを使うたびに、カードに記載された情報が読み取られ、新しい技が使えるなど、さらにゲームが面白くなっていく、という二重の仕掛けです。

 この魅力的な仕掛けに、小さな男の子たちも、大人のゲームファンも、みんな夢中になりました。いや、それだけではありません。ついには小さな女の子たちも、その熱気に巻き込むことに成功しました。デパートやスーパーのゲームコーナーで、小学生の女の子がひときわ固まっているコーナーを見た覚えはありませんか?

 その列の先に置いてあるゲームこそ「オシャレ魔女 ラブandベリー」です(リンク先はかなりラブリーですので、会社で見る方はご注意を!)。

コメント3

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「女の子が列をなすあのゲームは何だ?」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授